2009年4月~6月

【きょうのクロスステッチ Vol.8】 by 岡村恭子

VOL.8 夏至に寄せて

夏至です。
只今pm10:00。庭はまだ明るい。
近所で夏至のパーティーをしているのでしょう。
笑い声や音楽に混ざって、はしゃいだ子供達の声が聞こえて来ます。
たかが一年中で一番日照時間が長い日だ、というだけで、
大人も子供もどうしてこんなに無邪気に喜べるのか?
最初の頃は不思議でした。でも、暮してみてわかりました。
私だって嬉しい。そして、ちょっぴり淋しい。
夏至を境にまた太陽が遠ざかりはじめるからです。
頭の中の折れ線グラフが本日をピークにして、また下がり始めてしまう。
明るい季節を愛おしむ…北欧の人々にとって夏至は特別な
思い入れのある夏の一日なのです。

毎年夏至に前後した今頃、我が家ではサクランボが実ります。
今年は桜の開花時期に天気に恵まれたものの、実が付き始めた頃から
長雨と低温の日々が続いてハラハラどきどきでした。でも
ここ数日の好天気で一気に赤く色付き始めて、なかなかの出来です。
サクランボが赤くなると同時にやって来るのが沢山の鳥たちです。
早朝から暗くなる迄、一体、どこから、どうやって嗅ぎ付けて来るのか?
沢山の鳥たちがサクランボをついばみに来ます。
縄張り争いもあって、一日中にぎやかな上、とにかく喰い散らかします。
少し齧ってはポイッと捨てる。一度に何羽もが枝に止まり、そんな風に
不真面目な食事風景を展開しています。お行儀悪い鳥たちに混ざり、
私は摘み取り作業です。なるべく濃く色着いた実から順に選んで
摘み取ってゆきます。カゴが一杯になったら、楽しみにしてくれる
お友達やご近所さんの笑顔を思い浮かべながらの選別作業。
その合間にも鳥追い作業を怠り無く!そんなわけで、
ここ数日はサクランボと共に明け暮れる“サクランボ農家”の主婦状態です。

収穫は数日間が勝負です。瞬く間に木の葉の間の赤い実が少なくなって
行き、ある朝、庭に静寂が戻ったと思ったら、その年のサクランボ収穫
終了日です。鳥たちが去った後の庭から、安堵のため息が聞こえて来る
ようです。



岡村 恭子
http://www.copenhagensmile.com

夏至。PM10:30 西の空はまだまだ明るい。

本当は黒ずむくらい赤い実が美味しい。
でも待っていたら鳥たちに喰い散らかされてしまう。
夜明けと共に(AM3:00)やってくるギャングが
心配でおちおち眠れません。




商品カテゴリ

■ おすすめ!

■ 【即日発送可】

■ 糸 /布 / 小物

■ 図案集 / 本

■ 刺繍キット / フレメ

■ 刺繍キット / デンマーク

■ 刺繍キット /スウェーデン

■ 刺繍キット/ ドイツ

■ 刺繍キット / イギリス

■ 毛糸

カレンダー
  • 今日
  • 発送休み
  • メール返信休み(土・日)

★<ご注文確定メール>を7営業日以内にお送りいたします。
【送料、割引などを含む合計金額】はそちらでご確認ください。
★土・日曜日のメール返信はお休みとなります。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

アンティーク&ヴィンテージ

スウェーデンより北欧ヴィンテージ雑貨を扱うショップのご紹介。ジュエリー、テキスタイル、手芸中古書もあり。センスの良さは抜群です。秋田市に実店舗もあります。
http://www.antique-vintage.net

<姉妹店 マリリア>

ジョージ・ジェンセン、トロールビーズ、ロイヤルコペンハーゲンをはじめシンプルで感性の高い北欧デザインをご紹介しています。www.mariliadk.com

ページトップへ