きょうのクロスステッチ

【きょうのクロスステッチ Vol. 464】 by 岡村恭子

VOL.464 思い切って断捨離しましょう!

sondag den. 17 februar 2019

陽射しが明るい!眩しい!まことに嬉しい!!

春の到来を告げるかのようなうららかな週末です。
小鳥たちのさえずりも朗らかに聞こえます。
早速、今年最初の庭仕事を始めました。
枯れ枝払い、雪雨に濡れてずっしり重たい冬の残骸を大きな
シャベルですくい、手当たり次第にかき集めてはコンテナに入れて
行きます。これからしばらくの間は同じ作業の繰り返し、
本格的な春が来る頃までには花壇のメンテナンスも終わらせたい!と
張り切っています。庭のあちらからこちらへと忙しく動きながら
ワタクシ〝とっても元気〝を実感中です!

つい先日、買い物帰りのこと、
道沿いの住宅の前にマットレスや壊れた椅子が並んでいるのを
見かけて思い出した。そうだ、明日は2ヶ月に一度の粗大ゴミの日だ!
買い物袋をキッチンの台に置いたまま、地下室に直行しました。

この家に越して来る前は狭いアパート暮らしで、いざ引っ越し!と
いう時にも小型トラックに収まるくらいの所帯道具しかなく、
とっても簡単、身軽な作業だったのを覚えています。
まあ、そんなでしたから当初は地下室などに仕舞うものとてなく、
もっぱら幼かった娘の遊び場でした。友達とチョークで描いた絵が
今も壁に残っています。そんなガランとしていたスペースも
次第に使わないモノの格好の置き場所となって幾年月。
今では「取りあえず…」とか「もしかしたら…」という台詞と共に
“ 一応 “ 保存されたもので山積み状態です。
大半は二度と日の目を見る事など無いだろうと分かっているのに
捨てられない…。他にも捨てられないものは沢山あります。
衣類はその最たるものですが、書籍類や大小様々な空き箱や陶器&ガラス類、
戸棚には化粧箱に入ったままの頂き物の食器類等々。
未練を断ち切り、この辺で断捨離が必要になってきたようです。

そもそも、断捨離という言葉はもともとヨガ用語からの転用だそうで、
断 は 入ってくる不要な物を断つ。
捨 は 家にずっとある不要な物を捨てる。
離 は モノの執着から離れる。
なあるほど、実践できたらスッキリしそうです。

夕食後、そんな話をしたら、
モノに限らず ” 人 “ にも断捨離が必要だ、という話になりました。
年齢を重ねてきた今、気持ちの通じる友人や仲間との時間を大切にしたい。
そのためには、まず仕事関上の付き合いの断捨離から、というわけです。

『断 捨 離』この見るからに毅然とした三文字が、
私たちに 捨てなさい!未練を断ち切りなさい!と、決断を促しています。
… 果たして実践出来るでしょうか?。。。。

岡村 恭子
http://copenhagensmile.weebly.com/
















全て本日の庭から
寒桜が満開です。
芝生の間からスノードロップ、エランティス、クロッカスなどが
早春の訪れを告げています。今年も咲いてくれてありがとう!




【きょうのクロスステッチ Vol. 463】 by 岡村恭子

VOL.463 関税引き下げで身近になる?!美味しい話題。

sondag den. 10 februar 2019

今週は冬休みです。
子供達の楽しみはお菓子の入った樽をスイカ割りのように叩いて
遊ぶファストゥラウン。
♪私の名前はファストゥラウン♫好きなものは甘いクリームの入ったお菓子♪
ちょうだいちょうだい美味しいお菓子♪くれなきゃ、イタズラしちゃうよ♫
思い思いに仮装して、樽の周りを回りながら歌う子供達の元気な声が
低い冬の空に明るく響きます。

ところで、私が最近気に入っているテレビのCMでこんなのがあります。
まず東京の雑踏が映し出されたと思ったら、すぐにラーメンのアップになり、
湯気の中には美味しそうな焼豚が…、すると、今度は某有名ラーメン店の
黒い服を着た男性が「当店の焼豚はデンマークの豚肉を使っています。」
(もちろん日本語。画面下にデンマーク語テロップ)と言うのに続いて、
朝霧に包まれた農場に立つ酪農家の男性が「私たちは豊かな自然環境で養豚
しています。」とにっこり。
最後に【 Fødevarersminister : 食糧省】の文字。
これはデンマークの食糧省による酪農産物貿易振興のアピールCMですが、
わずか数十秒間で両国の良い関係が表現されていて好感が持てます。

今月からEPA経済連携協定で日本とEU諸国間の輸入関税が大幅引き下げに
なりました。特に食料品はほぼ関税ゼロの自由化ということです。
CMに登場したラーメン屋さんもデンマークの豚肉が値下がりしたら
嬉しいでしょう。豚肉に限らずヨーロッパ産のワインやチーズなどが
手軽に買えるようになるという日本のニュースを見ながら…。
と、いうことは?当然デンマークに入ってくる日本製品も安くなるという
ことかしら?いや、しかし、消費税25%に変わりはないのだから、
それが加算されると…ひょっとしてこれからはデンマーク製品も日本で
買ったほうが安いということになりはしないか?
今までチーズを手土産にすれば喜ばれていたけれど、これからは
日本からデンマーク製品を持ち帰るということにもなりかねない。と、
〝主婦キョーコ〟の脳ミソは混乱状態です。

何れにしても、ヨーロッパと日本が食文化を通じてますます身近に感じられる
ようになるのは大歓迎です。
とりあえず、デンマークでも和食材料がもっと豊富にもっとお手軽価格で
店頭に並ぶ日が来ることを期待しようと思います。

岡村 恭子
http://copenhagensmile.weebly.com/













ETA : EUとの経済連携協定で日本とヨーロッパが大きな自由貿易圏に。
日本ではヨーロッパ産のワインやチーズが身近になり、
デンマークでも日本のウヰスキーが手軽な価格に!?






これが歌に出てくるファストゥラウンのお菓子 : Fastelavensboller
クリームたっぷりです



最後の写真はファストゥラウンの様子より。
子供達は仮装して歌いながら家々を回ります。可愛い!




【きょうのクロスステッチ Vol. 462】 by 岡村恭子

VOL.462 デニッシュデザインに囲まれて。
     冬の晴れ間のティータイム

søndag den. 3 februar 2019

さあ、冬のアンカー2月になりました。
カレンダーに並んだ28までの数字が、
きっかり4週間で冬を締めくくります!と宣言しているみたいです。
冷たい土の中で草花たちが外の様子を伺い始めている気配です。
真っ白いスノードロップや福寿草のような黄色い花びらの
エランティスが咲き始めるのももうすぐ、庭木の梢をせわしなく飛び交う
シジュウカラの姿も目に嬉しい。
冬から春へ、少しずつ、でも確実に明るい季節へと舵を取り始めています。
まだまだ先のことと思っていた4月のオープンステッチハウスも
瞬く間にその日がやって来そうですね。ワクワクシーズン到来間近…!
とは言っても、まだ外は氷点下、もう少し辛抱我慢の今日この頃ではあります。

先週、雪かきに追われたことはこのページで書きましたが、
なんと、その翌日には急に気温が上昇して雨に変わり、
積もっていた雪も一度に溶けて流れてしまいました。
そして数日後、抜けるような青い空が広がった午後、
延江さん達と久しぶりにおしゃべりをすることになりました。
年末に風邪をひいてしまい、会えずじまいだったから
La Glaceでケーキを頬張って以来、かれこれ3ヶ月ぶりです。
https://laglace.dk

今回は延江さんセレクションによるロイヤルホテルの、
その名もロイヤルカフェです。カジュアル路線をモットーとする
私にはワンランク上のおしゃべりタイムと相成りました。
ロイヤルホテルはデンマークを代表する建築家アルネヤコブセン設計の
ホテルとして知られています。建物だけにとどまらず家具やカトラリーに
至るまで完璧なトータルデザインを手がけたことでも有名で、
世界中から “ 北欧デザイン好き “ な人々が訪れるという、
特別感満載のホテルでもあります。
http://fika10.com/Denmark/trip_dk_04.html

ガラス張りの明るいカフェの一隅、ゆったりしたソファに寛いで、
スペシャルブレンドの紅茶にデニッシュオープンサンド、自家製スコーン、
スィーツの盛り合わせに三人共ニッコリ!おしゃべりも弾みます。
束の間だけ旅行者になったような気分に浸りながら、北欧デザインの
メッカでのひと時を満喫しました。

数時間後、ただいま〜。ああ、楽しかったー。お腹いっぱい!
矢継ぎ早にロイヤルホテルでの一部始終を話しながら、
あらっ?!そういえば。。。と今更のように気がつきました。
この家だってアルネヤコブセン設計の住宅なのだということを。
そして思いました。オンボロで手がかかる、と文句ばかり言わないで、
これからも末長く大切に住んであげなくては!と。

岡村 恭子
http://copenhagensmile.weebly.com/




青空が広がって気持ち良い午後。待ち合わせ場所に向かう途中でパチリ!
(写真左がSASロイヤルホテル)















席に着くと、まずスタッフがホテル&ヤコブセンデザインの説明してくれます。
スペシャルブレンドのピラミッドティーバック。カップに浮かべるとこんな感じに。
もちろん食器はロイヤルコペンハーゲン、カトラリーはヤコブセン!
ご覧の通り盛りだくさんのプレートでした。螺旋階段を模したスィーツも!
そして、ホテルロビーの螺旋階段です。



シンプルなデザインが如何にもアルネヤコブセンらしい我が家の暖炉。




【きょうのクロスステッチ Vol. 461】 by 岡村恭子

VOL.461 デンマークの暮らしに彩りを添える
      美味しいパンと小さな花束

sondag den. 27 januar 2019

久しぶりに雪の週末となりました。
朝から雪かきに精出しています。
我が家は角地で縦横と歩道に囲まれていますから、
単純計算でお隣りさんの倍、おまけに風向きのせいか?
いつだって家の前が吹き溜まりになり、積もる雪の量が道路を
隔てたお向かい側の倍!… 倍々の雪かき量だとこぼしつつ、
1辺が約30m(合計60m)の歩道を行ったり来たり。
最後に専用の溶塩を撒くと面白いように残っていた雪も溶けて、
道ゆく人が TAK ! (=ありがとう!)と笑顔で挨拶してくれます。
雪かきが終わった時には身体中がポカポカ。気持ちもポカポカです。

先日のこと、
「今から行くので珈琲をお願い。」とエリックからの電話です。
さては焼きたてパンを持ってくるかな?と密かに期待して
準備していると、案の定、香ばしいバターの匂いのする袋を下げて
やってきました。早速 デニッシュを頬張りながら仕事の打ち合わせ…
はさて置いて、評判のベーカリー談義に花が咲きます。
全くのんびりしたものですが、雪の庭を窓越しに、そんなひと時を
過ごすのも今頃ならでは。文字通りヒュックリー!なひと時です。

エリックに限らず、デンマーク人はパン屋さんにはちょっとウルサイ。
これは本人たちが気づかない “ 素敵なこだわり “ だと私は拍手を送って
いるのですが、加えてもう一つ、私が常日頃「見習いたい」と思って
いることに、暮らしの中で花を愛でる“ 素敵な習慣 “ があります。
大型店やインターネットショッピングの普及で、個人商店がどんどん
店じまいする中で、お花屋さんとパン屋さんは減るどころか増えていて、
中には行列のできるお店もあるほどなのです。

誕生日などの記念日などにはもちろんのこと、
来客を迎える日には必ずテーブルに季節の花を添え、
親しい人を訪問する時にも小さなブーケを手土産にします。
そして、冬の寒い季節には窓辺に飾ったチューリップが一足早い春を
演出してくれるのです。
何気ない日常に焼きたてのパンと小さな花束を加えただけで、
その日一日が幸せに感じられるとしたら、こんなステキなことはないと思います。

今年も巡って来た結婚記念日。
家人がピンクの花束を差し出しました。
そのお返しに、というわけでもないけれど、
私は真っ白いチーズケーキを焼きました。

岡村 恭子
http://copenhagensmile.weebly.com/







裏庭も雪化粧、退屈な季節には雪かきも良い運動です。









野の花をアレンジしたような愛らしいブーケは娘から。
どちらも嬉しいプレゼントです。







雪景色にも似た白いチーズケーキ。花束のガーベラを添えて。
レシピはこちらから↓
https://copensmile.exblog.jp/26530741/




【きょうのクロスステッチ Vol. 460】 by 岡村恭子

VOL.460 無駄をなくそう! デンマークの取り組み
      “ We Food “ と “ Too Good To Go “

sondag den. 20 januar 2019

1月も後半になって、ようやくここ数日北欧らしいお天気です。
外に出た途端、カキーン!とするけれど冬らしくていっそ気持ち良い。

ところで、
私は毎朝インターネットで日本のニュースをチェックするのですが、
先日はこんな見出しが目に止まりました。
題して「農水省が恵方巻き業者に異例の通達」
何のことかしら?と思ったら、今や節分には “ 豆まき “ ではなくて
“ 恵方巻き ” だとか。初耳の私はやっぱり「福は内〜、鬼は外〜」じゃないと
… と思うけれど、そんな個人的な感想はさておいて、
問題は “ 食べて福を呼び込む “ はずの恵方巻きが大量に売れ残ってしまい、
毎年節分直後の廃棄処分場は平日の1〜2割り増しの量になる。
これは流石に放っておけない、と思ったお役所が消費に見合った生産を、
と呼びかけたということです。今年は作り過ぎに注意してもらいたいですね。
でも、しかし、この問題は節分の恵方巻に限らないし、
ましてや日本に限った問題でもありません。
先進国が抱えている共通のテーマです。
ここ、デンマークでも如何に食料品の無駄をなくし、廃棄を少なくするか?
ということが社会全体の大きな関心事になっていて、
様々な分野で様々な取り組みが行われています。
どうも、こういうことになるとこの国の人々は大変熱心だし、
アイデアが生まれるとまず実践してみよう!という気概にあふれていて、
人々の関心も非常に高いようです。

私がよく行くスーパーは “ 無駄をなくそう!” というキャッチコピーで、
少人数用のスモールパックをセールスポイントにしたり、
残り物を利用したメニューを紹介したり、先日は「無料」と書かれた箱に
熟れ過ぎたバナナやリンゴが入っていました。
野菜も一本から買えますし、賞味期限の迫った商品の値下げコーナーも
結構充実しています。
小麦粉、砂糖、などの量り売り専門店もなかなか人気のようです。
容器持参で買いに行くあたり、昔のお豆腐屋さん的ですが
大きな違いは、買い手にとってそういうショップを利用するということが
ひとつの意思表示になっているということです。

大手スーパーと契約して、賞味期限の迫った加工食料品を格安で
提供するショップ “ We Food “  http://theplatnews.com/p=1531
や、携帯アプリを使った新たな取り組み “ Too Good To Go “
https://japan.cnet.com/article/35088318/
など、いずれもデンマークが発祥ですが、現在、ヨーロッパに拡散中で、
すでにイギリスなどに波及していると聞きました。

帰国した際、デパートの食料品売り場に行くたび、そのバリエーションに
感動しながらも、売れ残ったらどうするんだろう?と心配してしまいます。
日本版 “ Too Good To Go “ が出来たら素敵ですね。

岡村 恭子
http://copenhagensmile.weebly.com/







To Good To Goでの購入方法。
あらかじめ携帯のアプリで購入、閉店1時間前から受け取り可能。
中身は開けてからのお楽しみ。
この日は美味しいパン屋さんの当日売り切り分を購入。
支払い金額30クローナ(約570円)通常の半額以下です。






今日の町内から。
気温は低いけれど、青空をバックにして鳩も気持ち良さそう。
公園にも子供を遊ばせる姿が見られるようになりました。






今日の我が家から。
庭の寒桜が咲き始めました。
プリムラの小さな花が一足早い春を呼び込みます。




【きょうのクロスステッチ Vol. 459】 by 岡村恭子

VOL.459 小さな道具が教えてくれたこと

sondag den. 13 januar 2019

裏庭の片隅から水仙の葉が顔を出し始めました。
長さ5センチくらいの細くて濃い緑色の葉っぱが、
何本かずつひと塊りになってビュンという感じで、
真っ直ぐ空に向かって背伸びして、明るい季節に向かっているよ、
と知らせています。

ところで今、私の手元にある二つの小さな道具。
ペンチのようなものと、ノミのようなもの。
両方とも家人の祖父が使っていた道具です。
製本所を営んでいた義祖父は腕の良い職人だったそうで、
地元県庁などに分厚い和綴じ本を納めていたそうです。
昨秋、家人の実家を訪れた時、
義弟が 家を整理していたらこんなものが出て来た、と
古い小引き出しを手に、笑いながら家人の前に置きました。
覚えてる?とでも言いたそうです。
それは祖父の仕事場の片隅にあった道具箱でした。
紙の裁断機など大きな機械は暖簾を下ろした時に処分してしまい、
仕事場だった場所はとっくに住居になってしまっているから、
当時を思い出すものなど無くなる中で、この小引き出しだけは
亡くなった義母が大切に押入れの奥にしまっておいたのだそうです。
ひとしきり思い出話に花が咲いた後、
もしも欲しいものがあればどうぞ、という言葉に、
遠慮なく私が選んだのが手のひらに収まる二つの道具でした。

マメに磨いていたから、随分すり減ってしまっているという刃物は、
確かに形として少々寸詰まりのようですが、それがまた良い感じです。
持ち手の部分は何の木だろう?柔らかくて温みが有ります。
手に馴染む丸みは職人が使いこなしていた証拠です。
ペンチのような道具は綴じ糸を引っ張るためのものだそうです。
これも先が歪んでしまっています。綴じがほつれないよう力を込めて
ギュッと糸を引っ張っていたんだろうなあ。。。会ったことのない
義祖父の働く姿が…、曲がったことが大嫌いだったという、一人の
腕利き職人の姿が目に浮かびます。

正月、家人が刃先を研ぎました。
錆びついていた刃がキラリと白く光って蘇りました。

道具は使いこなしてこそ意味があると言っているようです。
それにひきかえ、我が家には使わず仕舞いっぱなしの道具の何と多いことか!
と、年明けから反省しきりです。

岡村 恭子
http://copenhagensmile.weebly.com/







義祖父の仕事道具だった2点、磨いてショーケースに納めました。



毎日使う道具で、例えば急須は差し口の湯切れが良いか?問題です。
これは日本で見つけた優れもの(白山陶器社製)



今日の庭から。
水仙の芽が早春の訪れが間近だと知らせています。




【きょうのクロスステッチ Vol. 458】 by 岡村恭子

VOL.458 今年もどうぞよろしく!

søndag den. 6 januar 2019

新年明けましておめでとうございます。

新しい年になって、一週間が過ぎようとしていますが、
みなさまはどんな新年をお迎えでしょうか?
私はというと、日記帳に早くも空欄が出てきているのを、
今なら間に合う!と慌てて埋め合わせをするという体たらく、
せめて残りの360ページはズルなし?!で記してゆこう!というのが
2019年のささやかな誓いとなりました。

大晦日の花火の後、元旦は全国的に寝正月です。
目覚めたら 台風か?と思うような強風が吹き荒れていてびっくり!
庭木が右へ左へと大きく揺れています。
花火を上げている最中じゃなくてよかった、と人々が胸を撫で
下ろしたばかりの翌朝、強風による列車事故のニュースが入りました。
海峡にかかる大きな橋上で旅客列車と貨物列車がすれ違いざま、
貨物のコンテナが突然崩れ列車に衝突。6名もの犠牲者が出てしまいました。
当時の風速は20メートル以上です。橋の上です。もちろん走行中です。
かなりの風圧がかかったであろうということは誰にでも想像できます。
何故どうして貨物が一両だけ外れてしまったのか?という質問にも
原因を究明中という当局の歯切れの悪いことったらありません。

そんなことも手伝って、お正月気分もなく日常が始まった中で、
嬉しいな、と思うのは、少しずつ明るくなってきたことです。
柔らかい日差しに春めいたものさえ感じられます。
食堂の窓辺で越冬しているゼラニウムにも緑の新葉がたくさん出ています。
去年あまり手をかけてあげられなかった庭のことも気になる。
ダウンに襟巻き、あったかい長靴という完全防寒スタイルで、
強風一過の庭に出てみました。
大きな枝がたくさん落ちています。松ぼっくりや松葉もたくさん落ちています。
いつだったか植木屋さんが、台風などでダメな枝が落とされると植物が
リフレッシュする、と言っていたのを思い出します。
確かに、これだけ落とされたのだからスッキリしたでしょう?…
庭木達は髪を梳いてもらったように清々とした様子で、
風に揺られながらコックリと頷いたように見えました。
枯れ枝越しに青空が広がっています。
幾筋もの真っ白な飛行機雲が気持ち良さそうです。
寒い庭の真ん中に立って、大きく伸びを一つ、それから深呼吸しました。
ああ、清々しい!
気持ちを切り替えて心身ともに気分一新です。
良い一年になりますように、と願いつつ、
私の2019年もスタートしました。

今年もコペンハーゲンから身近な話題をお伝えしてゆきたいと
思っています。本年もどうぞよろしく!


岡村 恭子

http://copenhagensmile.weebly.com/













クリスマスに飾ったヒヤシンスの球根も花が咲き、
ゼラニウムの新葉もフレッシュです。
午後の日差しが明るくなって。。。
空には飛行機雲。




【きょうのクロスステッチ Vol. 457】 by 岡村恭子

VOL.457 クリスマスの簡単なお惣菜ヒント
      ほうれん草のキッシュ

fridag den. 21 novemberr 2018

今年最後のページはクリスマス一色に染め上げよう!と
思っていたのに、そのクリスマスを目前にして不覚にも風邪で
寝込んでしまいました。
旅行から戻り緊張が解けたせいでしょうか?
自分でもウルサイ!と言いたくなるくらい咳き込んで腹筋が痛い。
医者に診てもらいなさい、という声が聞こえて来そうですが、
デンマークではこの程度だと、暖かくして寝ていなさい、と言われる
のがオチなのです。心配した娘が咳止めを持って来てくれました。
デンマークの薬局で買ったシロップとコルゲンコーワの咳止めカプセル。
シロップは “ 龍角散のど飴 “ とドッコイといった感じですが、
カプセルはとても効果的でした。我が家では帰国時に市販の薬を購入して
常備薬にしています。次回から咳止めもリストアップしよう!…、と
そんなわけで、楽しみにしていた延江さんとのクリスマスランチも諦めて、
家でじっとしているけれど、もうすぐクリスマス。気分だけでも盛り上がりたい!
そうだわ、気分転換にお料理でもしよう!
冷蔵庫に有り合わせの材料でキッシュを焼きました。
バターの焦げる匂いにちょっと元気が出て来たみたいです。
キッシュは作り置きできるのでホームパーティー用に時間のある時に
作っておくと重宝です。

___________

✳️ほうれん草のキッシュ✳️

材料
ほうれん草   150g
ベーコン     3−4枚
玉ねぎ     小1個
卵        2個
生クリーム   100ml
ピザ用チーズ  カップ1
パルメザンチーズ 大さじ1
塩、胡椒 適宜

タルト台 小麦粉 130g
      バター  60g
       卵   1個
____________________

✳︎作り方✴️

1 タルト台を作ります。大きめのボールに小麦粉と冷えているバターを入れ、
手早く混ぜます。溶き卵を加えて全体が粘土状になるよう捏ね、
サランラップに平らに包み冷蔵庫で2時間寝かせ、その後、フォームに
伸ばして200度で約10分ほど焼いて取り出しておく。
2 玉ねぎは薄切り、ほうれん草はざく切り、ベーコンは1センチくらいに切る。
3 バターで玉ねぎ、ベーコン、ほうれん草の順に炒める。
4 ボールに生クリーム、卵、チーズを入れよく攪拌、3を加えて全体によく混ぜる。
5 あらかじめ焼いておいたタルト台に4を流し入れて200度のオーブンで
   約20分、上面がぷくぷくしてこげ色がついたら完成です。

皆さまも風邪などひきませんように。
楽しいクリスマスと明るい新年をお迎えください。

岡村 恭子

http://copenhagensmile.weebly.com/







今日の我が家。エリックがバラの花束を抱えてやって来ました。
プレゼントを包んだりして、少しずつクリスマスらしくなって来たかな?









ほうれん草のキッシュ。レシピと合わせてご覧ください。。




【きょうのクロスステッチ Vol. 456】 by 岡村恭子

VOL.456 旅の荷をほどきながらの雑記
      東京⇄コペンハーゲン=11時間

søndag den. 25 novemberr 2018

年に2回、桜の春と紅葉の秋、イイトコ取りの里帰りです。
東京 ⇄ コペンハーゲンの所要時間は直航便で約11時間、
両国間の時差は8時間です。
到着間際に腕時計の針を現地時間に合わせます。東京に向かう時は
早送りし、帰ってくる時には8時間戻します。
コペンハーゲンを15時に出発すると、成田空港に到着するのが
デンマーク時間の真夜中の2時。いつもなら深い眠りについている頃
だというのに、現地時間はすでに朝の10時です。
寝不足のまま眩しい陽光の下に降り立つ度、なんだか損したような
得したような? 狐につままれたような、奇妙な気分になります。

今回も盛りだくさんだったけれど、旅の思い出というのは少し時が
経ってからじわじわと蘇るもので、忘れた頃にふと思い出して
懐かしむ。美味しいお酒と一緒で思い出も時間の経過とともに、
味わい深くなってゆくような気がしています。
時間はたっぷりある!じっくりと反芻するように思い出を味わって
行こうと思います。

もう、買わない!と言いながら、ついつい買い込んでしまったあれこれで
パンパンに膨れ上がったトランクと一緒に成田を飛び立って11時間後、
賑やかな東京から戻ると、ああ、なんと静かなのだろう。。。
到着ロビーの壁面スクリーンに お帰りなさい、というメッセージ。
フローリングの床、すっきりと統一されたサイン表示、その中を進む
人々も静かです。一瞬、サイレントムービーの中にいるような気がして。
東京ではプラットホームも車内も、交差点も、デパートの中も、至る所で
何かしらアナウンスが流れている。一定のリズムとボリュームで
注意事項などを言い続けている。聞こうとしないでも聞こえてきてしまう
これらの音声。みんなは慣れっこだというものの、潜在的なストレスに
なっているような気がしますが、どうなのでしょう?
いつだったか、コペンハーゲンの朝は静かすぎて耳鳴りがする、という
友人を思い出したりしています。

空港からの帰路、どこからともなくサンタルチアを歌う少女合唱隊の
澄んだ歌声が聞こえてきたような気がしました。
聖夜までいよいよカウントダウンです。

岡村 恭子
http://copenhagensmile.weebly.com/




東京から朝日に薄桃色に染まった富士山を拝む。












信州 小布施にて。
紅葉が美しい。軒下に揺れる「 氷」の文字に、暑い日盛りの情景を
重ねてみる。何気ない消火栓にまで風情を感じるノスタルジア。



善光寺参りの際には必ずここでお線香焚いて、体の悪い箇所を治れ治れ、と
さすったりして、おばあさんの心境。獅子が可愛い。



オムライスオンパレード!



【きょうのクロスステッチ Vol. 455】 by 岡村恭子

VOL.455 デンマークのショッピング事情
      プレゼントを返品換金自由って?!

søndag den. 25 novemberr 2018

12月を目前にした金曜日、ショッピングセンターには
黄色と黒の横断幕です。たった一日だけの特別セール、
その名も “ ブラックフライデー “ 。早い者勝ちの超お買い得という
触れ込みに、どこも大賑わいだったようです。
このチャンスに!と家族へのクリスマスプレゼントを買い込んでいる
男性の姿がテレビに写っていました。きっと、大家族なのでしょうね。

ところで、デンマークでは買い物をする際にプレゼント用だと言うと、
値札部分にシールを貼り、買った日付を記入してくれます。
記載された日付から2週間、店によっては30日間返品可能です。
サイズや色取り替え、または商品券に換えるというのならよくある話ですが、
返品した商品と同額をクレジットカードに即時振り込んでくれる、と聞くと、
ちょっとビックリしませんか?
頂き物を現金化してしまうなんて、私には考えられないことなので
驚いたし、そんなことしていいのかしら?と訝しく思ったものです。
でも、合理的なこの国の人々にはピッタリとくるらしい。
プレゼントを渡す側も立場が変われば同じなわけですから、
相手に渡すときに、気に入らなかったら返品してね、と一言添えます。
プレゼントに限らず、衣料品などのレシートに返品可能期間が記載されて
います。自分で品定めして購入したものを返品するということがあり得るの?
と、またしても首を傾げてしまうけれど、この国ではそれも当然有り!
なのですね。
こう書いていると、まるで人々が商品を買っては返品ばかりしている
ようですが、そんなことは有りません。
万が一の場合に、という安心システムと考えれば良さそうです。
なるべくそのようなことの無いように、大抵は事前に希望の品を
聞いてから買う。包みを開ける前から中身がわかるなんて、つまらない、
と思う反面、不要なものを受け取って困るよりずっと良い、とも思います。
そして、この “ 返品OKお気楽ショッピングシステム “ が、
人々の消費意欲を掻き立て、景気維持に役立っているような気がします。
特にこの時期は誰もが皆、お財布のヒモを緩めてショッピングを
楽しんでいます。プレゼント探しはいまの時期だけのリクレーション!?
クリスマスイルミネーションの下を行き交う人々もいつもよりずっと
華やいで見えるのは、気のせいばかりでは無いようです。

プレゼントショッピングもひと段落すると、家族や親しい人同士が集い、
思い思いにHyggeligヒュックリーなひと時を過ごします。
まんまるドーナッツ : エーブルスキーバー、
赤ワインベースのホットドリンクユールグルック、
バニラ、アニス、シナモンe.t.c. など今頃ならではのクリスマスの匂いに
包まれて。これからイヴまでのひと月間、デンマークはクリスマス一色に
染まってゆきます。


岡村 恭子
http://copenhagensmile.weebly.com/

明日からしばらくお休みいたします。
クリスマス前には再開する予定です。どうぞお楽しみに!













全てクリスマスシーズンのスナップから
夕暮れ時のチボリ、デパート、クリスマスマーケットなど、どこも
沢山の人で賑わっています。夕闇に浮かぶイルミネーションが綺麗です。




商品カテゴリ

■ おすすめ!

■ 【即日発送可】

■ 糸 /布 / 小物

■ 図案集 / 本

■ 刺繍キット / フレメ

■ 刺繍キット / デンマーク

■ 刺繍キット /スウェーデン

■ 刺繍キット/ ドイツ

■ 刺繍キット / イギリス

■ 毛糸

カレンダー
  • 今日
  • 発送休み
  • メール返信休み(土・日)

★<ご注文確定メール>を7営業日以内にお送りいたします。
【送料、割引などを含む合計金額】はそちらでご確認ください。
★土・日曜日のメール返信はお休みとなります。



2月23日(土)~3月12日(火)
メール返信はお休みさせていただきます。

また一部受注返信が遅れます。
どうぞよろしくお願います。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

アンティーク&ヴィンテージ

スウェーデンより北欧ヴィンテージ雑貨を扱うショップのご紹介。ジュエリー、テキスタイル、手芸中古書もあり。センスの良さは抜群です。秋田市に実店舗もあります。
http://www.antique-vintage.net

<姉妹店 マリリア>

ジョージ・ジェンセン、トロールビーズ、ロイヤルコペンハーゲンをはじめシンプルで感性の高い北欧デザインをご紹介しています。www.mariliadk.com

ページトップへ