きょうのクロスステッチ

【きょうのクロスステッチ Vol. 442】 by 岡村恭子

VOL.442 デンマークは猛暑雑記 : 真夏の夜の訪問者

friday den. 11 august 2018

久しぶりの更新です。

連日の猛暑に加えて次々に発生する台風と、この夏は
文字通り “ 酷暑 “ の日々と思いますが、皆さまいかがお過ごしですか?
デンマークも2018年夏は記録的な猛暑となりました。
新聞には『ここはサウナ風呂?!』という見出しが躍り、
メトロの車内温度が32℃まで上昇、乗客からのクレーム殺到、とか、
最新設備を誇る新築病棟の室温が28℃で病人夜も眠れず、などなど
手薄な暑さ対策による市民生活への影響を訴えています。
果たしてこの猛暑が今年だけの異常気象なのか?来年も続くのか?
今の所、様子見と言ったところですが、少なくとも公共機関の
暑さ対策は早急の課題になっています。
「そうよねえ、日本ならどんなに外が暑くても室内は涼しいし、
電車の中は寒いくらいだものねえ。学生の頃は授業サボって映画館に
涼みに行ったものよー。」と、そんなことを話していたら、横から
「あのね、デンマークの映画館はどこも蒸し風呂状態だから閑古鳥!!」
と、自嘲的な笑い話です。
いつもなら「暑ければ木陰で涼んでいれば良い。」とお気軽なのが、
今年はその木陰でさえ暑いのですから、人々の我慢も限界です。
暑さに慣れないこの国の人々は30℃になったらもう完璧にお手上げです。
おまけに海水浴場は赤潮が出て遊泳禁止、思わず橋の上から運河に飛び込む
無謀な若者達も出現して、とにかく、頭から水を浴びたい!という感じです。
夏休みにカヌーで運河巡りをしようとしたら、その運河が干上がってしまった、
というのには可笑しいやら気の毒やらですが、それ程異常乾燥ということですね。

我が家も例外ではありません。夜中まで窓もベランダのドアも開けっ放しです。
その日もなかなか寝付かれず、夜風がカーテンを揺らしてくれるのをまんじり
ともせず待っていると、ふと、ベッドの横で何かがすーっと動いたような、
不思議な気配に、うん?… あらっ?!… ベッドから身を起こしてみると、
すぐ傍で小さな生き物が動いたような … わっ!猫です! 黒猫です。
驚いた私に、相手もビックリしてトパーズ色の目をキラリと光らせたかと
思ったらたちまち何処かに消えました。
明かりを点けて、今のは夢?いや、違う!確かに猫だった!
急ぎ、階下に行くとやはり暑くて寝疲れないのでしょう。
一人PCで遊んでいる家人に聞きました。「猫を見かけなかった?」
何をボケているのか、と言いかけて、あっ!と今度は二人で声をあげました。
可愛い黒のシマシマ猫が庭先のドアのところに佇んでいます。
うちの子になりたいならそうしなさい。と、そのままにして翌朝見に行くと
猫の姿はありませんでした。真夏の夜の夢のようなほんとの話。
開け放しているとこんな楽しいこともある、けれど、泥棒だって
入って来られるのだからやはり少しは用心が必要だと思って、
それからはなるべく戸締りをするようにしています。

岡村 恭子
http://copenhagensmile.weebly.com/







夏の庭から。アイスキャンディーにスイカ。水分補給がキーワードの夏です。









運河の浴場は連日大賑わい。街行く人々もすっかり日焼けして。。。



【きょうのクロスステッチ Vol. 441】 by 岡村恭子

VOL.441 猛暑お見舞い申し上げます。

      私流 手軽な夏休みの楽し方教えます。

friday den. 20 juli 2018

暑い暑い、と言っているうちに気がつけば夏至からひと月が過ぎて
しまいました。8月になれば秋風が吹き始め、時折り私たちの方を
振り返りながら、夏が少しずつ後ろ姿になってゆく。。。
北欧の夏は今がクライマックスです。

いつもならBBQを楽しむ季節ですが、今年は異常乾燥でBBQも夏の花火も
全面禁止です。大きな袋入りのコール(燃料)が物置の隅っこで
出番を待っているけれど、今の所オーケーサインが出そうもない。
芝生は言うに及ばず、花壇や植え込みの庭木も渇水状態です。
節水協力をー!という市当局からの呼びかけに、なるべく水撒きを
控えてはいますが、家人は黄色く枯れてしまった芝生を見かねて、
夜陰に紛れて長いことホースで水撒きをしていました。
でも、翌朝、緑に蘇るという淡い期待が完全に裏切られてからは、
諦めてひたすら雨乞いの日々です。
異常乾燥はデンマークだけではありません。
隣国スウェーデンでは乾燥による自然発火の森林火災が、なんと80箇所
も発生して、今も懸命な消火活動が行われています。
一方、グリーンランドでは巨大な氷河が溶けて陸に接近、沿岸の住人が
避難する騒ぎです。そして、連日体温を超える猛暑の日本列島…と、
地球全体が暑い空気に覆われているような気がしています。
どうか、皆様も熱中症対策怠りなくこの夏を乗り切ってくださいますように。

さて、夏休み真っ盛りのデンマークですが、我が家では何処へ行くでもなく、
手近なところでコペンハーゲンの夏を楽しんでいます。
例えば、サマーセールショッピングに出かけたり、
夕食後、ここがもし避暑地だったら、と仮想しながら町内を散歩したり。
そして、週末の蚤の市ではワクワクしながらその場の雰囲気を満喫、
観光客の気分になって歩けば、見慣れた風景も新鮮に感じられる…?
という安上がり&思い込みのホリデーです。
先日はフレンチカフェで朝食を楽しみました。
(ブランチではなくて朝食というところが今回のポイント。)
爽やかな朝の空気の中、これから職場に向かう人の姿もハツラツとして見えます。
観光地コペンハーゲンが見せる束の間の日常という印象です。
そんな表通りを一筋、二筋入ったところにパリのブロカント雑貨のお店 :
Beau Marcheがあります。所狭しと置かれた食器やインテリア小物に
つい衝動買いしそうになるのをこらえて、お店脇のポートをくぐります。
カフェ Beau Marche は、いかにも裏庭という感じのコートヤードに
トリコロールの旗が目印です。

私たち以外にも新聞を読みながら朝食を摂っている人がいて、
パリの裏町もきっとこんな感じだろう。
同じ卵でも家のキッチンで食べるのとは違う!
人が作ってくれると美味しいねえ。
そんなことを話しながら、さてお腹がいっぱいになったところで
サマーセールショッピングスタートです。今回の収穫はいかに?
こうして、我が家からバス一本で往復できる私のコペンハーゲン観光は続きます。


岡村 恭子
http://copenhagensmile.weebly.com/
 












夏のハイシーズンを迎え、コペンハーゲンは何処も観光客でいっぱい!
疲れたら木陰や水辺で一休み、サマーセールもクライマックスです。









カフェ Beau Marcheから
朝食メニューはこの他にクロワッサンのみ。
珈琲は一回ごと豆を挽いて入れてくれます。






今日の庭から。
水不足で庭の植物も元気の無い中で、
日陰に咲く鮮やかなピンクの紫陽花と紅花瓢箪木のオレンジ色の実が健気です。


【きょうのクロスステッチ Vol. 440】 by 岡村恭子

VOL.440 自然の力には敵わない。でも頑張る力は湧いてくる。

friday den. 13  juli 2018

この度の豪雨で被災された地域の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

*****************************
地球温暖化の問題解決への意見もまとまらないまま、
ここ数年、天候の変化が著しく極端になって来たような気がします。
デンマークも去年の夏は来る日も来る日も雨降りで肌寒く、
長袖が手放せなったのに、今年は5月から記録破りの晴天続き、
汗ばむ暑さの日が続いています。
北欧というお国柄、暖房設備は完璧ですが冷房は非常に手薄で、
直射日光に照らされ続けたレンガの建物は石焼釜の中のように
ポカポカと温まってしまいます。
近所で一番涼しいのはスーパー、というわけで、夕食後に散歩がてら
冷やかし半分にいってみたら、考える事は皆同じらしく、
夕涼みがてらの買い物客で混み合っていて笑ってしまいました。
すでに丸2ヶ月以上も雨らしい雨が降らず異常乾燥で農作物にも影響が
出ています。この辺で一雨欲しいところですが、今日も雲ひとつない青空
から容赦なく照りつける太陽で、どこもかしこもカラカラに乾ききった
暑い一日となりました。

日本列島も猛暑とのこと。こういう時には無理は禁物です。
冷たい飲み物を手に、夏バテの頭をリフレッシュ!しましょう。
そこで、突然ですが、暇つぶしのクイズです。
“ タカへ “ と “ プケコ “  なんとも剽軽な響きですが、
さて、これらは一体なんでしょうか?次の3つから選んでください。
1) 鳥の名前、2) 花の名前、3) 島の名前。
正解は 1) 鳥の名前 です。
両方とも、ニュージーランドにだけ生息している鳥で
“ タカへ “ は飛べないけど、 “ プケコ “ は飛ぼうと思えば飛べる… らしい。
天敵がいない環境で、のほほんと暮らしているうちに飛ぶことを
忘れてしまったそうで、プケコにしたって出来れば飛びたくないのです。
何とのんきな鳥たち…、と思いつつ、それにしても、タカへにプケコです。
カキクケコ、タチツテト、と並べたみたいで親しみを感じます。
ひょっとしたら言葉の源流が一緒なのかも知れませんね。

ニュージーランドは海底に沈んでしまったジーランディア大陸の一部、
その海中に沈んだ大陸の探査を開始したと聞きました。
中心になっているのが、” ちきゅう “ という日本の海底探査船です。
今日も遠い宇宙の彼方で太陽系宇宙誕生の秘密を探るべく頑張っている
“ はやぶさ2 “ と地球の誕生の鍵を探るべく海底深く探査中の “ ちきゅう号 “ 。
すごいね!日本の技術と探究心!!
それよりも今日明日の問題解決!とはやる気持ちもあるけれど、
今、この瞬間も広大なスケールでそれぞれの持ち場で力を発揮している!と
思うと少し元気になれるような気がします。


岡村 恭子
http://copenhagensmile.weebly.com/
 









コペンハーゲンジャズフェスティバルの風景。
市内の公園や運河沿いの広場などがライブ会場となります。
演奏者も来場者も勝手気まま、ヒュッゲひと時。
この自由な雰囲気が気に入って参加する有名プレイヤーもいるほどです。






今日の庭より。
日差しの眩しい昼下がりもミツバチと蝶々だけは大忙し。
写真はラベンダー&蝶々、オレガノ&ミツバチ







夏の定番おやつです。鞘から出してそのまま お口にポイッ!
甘くて少し青臭いような野菜の滋味。
やめられない止まらない!!よく冷えたビールにもピッタリ!。


  • 2018.07.16
  • 08:15

【きょうのクロスステッチ Vol. 439】 by 岡村恭子

VOL.439 デンマークの夏休み 何もしない贅沢を味わう。

     ヒュッゲなひと時がいっぱい!

friday den. 7 juli 2018

7月になりました。さあ、長いサマーホリデーの始まりです。
普段重宝している近所のパン屋さんやペンキ屋さん、花屋さんも
次々とお休みに入ってしまいます。
お互いに交わす挨拶も “ 良い夏休みを!”

冬の間から計画していた長期旅行に出かける人、ヨットやクルーザーで
海に出る人、趣味の世界に没頭する人など様々ですが、
都会暮らしの人の中にはサマーハウスやコロニアルガーデンと呼ばれる
手作りの庭で、わざとのように素朴で少々不便な暮らしを楽しむ人も
たくさんいます。
https://kolonihave.nu
https://kolonihave.nu/index.php/find-en-kolonihave/storkobenhavn
多忙な日常から解放されて、のんびりとした時間を好きなように過ごす。
どうやら、この国の人たちは“ 何もしない贅沢 “ を熟知しているらしく、
傍目にも羨ましいくらい自然体で満喫します。
日本でも話題になった “ ヒュッゲ “ という言葉は、デンマークの
夏休みの過ごし方にも星の数ほど垣間見えると実感します。

とにかく感心するのは彼らが休暇の時には休暇に徹底する事。
半端に仕事など混ぜたりしない。やってみるとわかるのですが、
何もしないでゆっくりするというのも案外難しく、貧乏性の私などは、
たかが午後のひと時を庭でシエスタ…などと気取ってみても、
目の端っこではしっかりと雑草の在り方や、壁のペンキの剥げ具合を
チェックしてしまう。
そうして、やれやれ、とか言いながらゴソゴソと動き出してしまい、
気がつけば夕食の支度をする時分になるまで、ペンキ塗りに精出してしまって
挙げ句の果ては ああ、くたびれた、というのがオチなのです。

さて、こうして街から人々が出て行くのと入れ替わるように、
ストロイエ近辺は世界中からやってきた観光客で溢れるようです。
行き交う人々の言葉も国際色豊かです。
時折、日本語が聞こえると、とても近しい気がして、思わず声のする方を
振り返ってしまいます。雑踏の中で他の国の言葉はかき消されても、
日本語だけはスーッと伝わってきます。言葉の力は素晴らしい。

デンマークには親日家が多くて、思わぬところで日本語ができる人に
出会ったりします。
この夏休みにデンマーク観光を計画している方は、是非とも
ハイ!=こんにちは ハイハイ!=またね! を活用して、
デンマーク人との交流を試してみてください。そうして、地元の人々に
混ざってゆっくりした時間を味わってみてください。
デンマーク観光の思い出は?と聞かれた時に
「公園での何気無いヒュッゲなひと時」と答えられたら素敵だと思います。

岡村 恭子
http://copenhagensmile.weebly.com/










コペンハーゲンは世界中から訪れた観光客でいっぱい!
ジャズフェスティバルも始まり、町中がスイングしています。






観光客で賑わっている通りから外れると、静かな雰囲気に包まれます。
猫ちゃんも人見知り?









今日の庭より。
白い紫陽花に赤いゼラニウム、紫色のラベンダーが夏の庭を彩ります。
プラムが青い実をつけました。紫色になるまでしばらくの辛抱です。


【きょうのクロスステッチ Vol. 438】 by 岡村恭子

VOL.438 夏の夜空を見上げて : お月さまと “ はやぶさ2 “

friday den. 29 juni 2018

夏至も過ぎて、学生達は卒業シーズンクライマックスを迎えています。
それが終わると全国的に長い夏休みに入りますが、
今年はお天気に恵まれているので、国内のテーマパークなど
手近なスポットが人気だそうです。

窓を開け放していると、どこからともなく低い音色が流れて来ました。
そう言えばもうすぐ恒例のジャズフェスティバルです。
いつも今頃になるとどこか近所で練習しているのか?セッションしている
のが聞こえて来る。どこだろうねえ?… あたりを何気なく探してみたけれど、
音はすれども姿は見えません。
今日も爽やかな夏の風に乗って聞こえてくる “ 祭り囃子 “ ならぬ
“ ジャジーなリズム “ 季節を感じる音色はいいものです。

夕食後、庭に出たらとても明るい。
見上げた夜空にまん丸お月さまです。
庭の梢越しに少しずつ動いているのがわかります。
透明な群青色の夜空に白く輝く月の光は清楚で美しく、
どんなに宇宙開発が進み、月の表面の凸凹が大写しになろうとも、
やっぱり、物語の世界のかぐや姫は今もいる!と思えて来ます。
一方、4年前に打ち上げられた宇宙探査機 “はやぶさ2 “ が、
長旅の末、無事に小惑星リュウグウの20㎞まで到着したという
ニュースを聞くと、一人旅をしていた子供が迷子にならずに
目的地にたどり着いたようで、エライね!と褒めてあげたくなります。

広大な宇宙の、地球から3億kmも離れた所に浮かんでいる、
直径1㎞にも満たない“ 惑星 “ と呼ぶには小さすぎる惑星 “ リュウグウ “ 。
“ はやぶさ2 “ はその “ちっぽけな豆粒 “ のような星を目指し、
四年という歳月をかけて無事にたどり着けた。それだけでも
信じられないくらい素晴らしいのに、これからが実力発揮だそうです。
146億年前の太陽系宇宙誕生の鍵を握る物質を地球に持ち帰ってくるという、
すごいミッションを実行するというのです。
3億㎞とか146億年という天文学的数値と、直径900mという日常的数値が
同居していて、理数系に疎い私は混乱しますが、とにかく、はやぶさ2は
これからが正念場、ミッションを果たして2年後の2020年秋、
東京オリンピックが幕を閉じた後に地球に帰還する計画だそうです。

こうして考えると、人類の営みも無限の宇宙のシステムの中に組み込まれた
一部なのだと思えて来て、日常の些細なことなど忘れ広々とした気分
になれます。そして、こういう時に思い浮かぶ大好きな言葉。。。

『好きなもの、イチゴ 珈琲 花 美人 懐手して宇宙見物』
https://www.stitchhouse.jp/hpgen/HPB/entries/318.html

明治の人を見習い、懐手などして、そうして夜空を仰ぎ、
はやぶさ2に想いを馳せるのも楽しいかもしれません。


岡村 恭子
http://copenhagensmile.weebly.com/

全て夏至祭のスナップから
人々は思い思いの場所で、一年で一番明るい一日を過ごします。






昼間のように明るいけれど、すでにPM7:00です。
今年は異常乾燥で恒例の焚き火は中止、水上に焚き火っぽいインスタレーション。
のんびりと明るい夜を楽しみ、日没の頃になると夏至の歌を合唱します。






街路樹の木陰でオーケストラが演奏する通りでは、
親しい人同士が食事をしたり乾杯したり…



少しずつ暮れてゆく夜を慈しむように人々が戸外で憩います。


【きょうのクロスステッチ Vol. 437】 by 岡村恭子

VOL.437 サッカーW杯 ガンバレー日本&デンマーク

torsdag den. 21 juni 2018

湿り気を帯びた低いに青い空がのぞいた、と思う側から雨雲が湧き出て、
シャワーのようなにわか雨。雲の流れの早いこと!
お陰で乾ききっていた芝生も息を吹き返しました。
明日は夏至祭です。
お天気が良かったら海辺まで出かけてみようと思っています。

サッカーW杯が始まりました。
今回は日本とデンマークも出場しているので、私も俄かサッカーファン
になりプログラムをチェックしています。
両国とも第一戦を勝ち抜いて幸先よいスタートを切ってくれました。
サッカーの魅力はなんといってもその単純さだと思います。
ボールを追いかけて相手チームのゴールにシュートすれば良いのですから、
広場とボールがあれば誰でも楽しめる。数ある世界大会の中でも
サッカーほど多くの国々が参加しているスポーツは無いでしょう。
アフリカや中南米の国から世界的プレイヤーが誕生しているし、
普段はメジャーなチームで活躍するそういう彼らが、この時ばかりは
母国のために頑張り、勝てば歓喜の、負ければ悔し涙を流す。
スタンドの応援もお国柄が出ていて楽しませてくれます。
もう一つ、泣いても笑っても90分で試合の決着がつくというのも
見る側からすると大いに助かります。
今回はロシア大会とあって( デンマークとの時差が少ないので)ライブを
楽しめるのですが…、しかし、そのおかげでこんな事も。。。
第2戦オーストラリア戦が21日木曜午後2時キックオフ!
ウィークデーの午後2時といえば概ね勤務時間中です。これは大問題!
前日のニュースは さあ、どうする?…と、各職場のサッカー観戦対策を
伝えていました。答えは90分休憩にしても仕事に差し支えもない。
国の代表が頑張っているのに応援しないでどうする?勝利したらやる気百倍!と
実にオプティミストの勢ぞろい。
結果から言うと1対1の同点で終わり、試合前の盛り上がりは何処へやら
何事もなかったかのように仕事モードに戻ったとの話ですが、
まだまだ中盤戦、これからが勝負どきです。日本もデンマークも
全力で勝ち進んでもらいましょう!
デンマークチームの様子はこちらから → VM fodbold 2018 Danmark

そんなサッカー三昧の某日、
今夜はいつもより少しご馳走にしよう。そう思って買い物に出かけて戻ると、
家の中が空っぽです。庭で植木の手入れをしていたはずの家人の姿が見当たり
ません。誰にともなく「ただいまー」と言いながら買い物袋を広げている
私の後ろから「おめでとう」…と、ぶっきらぼうに言いながら
赤やピンクで見た目も” めでたい “ 花束を差し出しました。
あははー、覚えていたとは感心感心。その日は私の誕生日。
もうそろそろ数えるのをやめたいくらい年齢を重ねてしまいましたが、
つつがなく日々を暮らせることのありがたさを痛感しています。
そして、
何気ない毎日に幸せはたくさん隠れている、としみじみ思う今日この頃です。


岡村 恭子
http://copenhagensmile.weebly.com/














全て誕生日から。
一年に一度の『私の日』
テーブルを飾ったのは綺麗な花と美味しいデザート。
キャラメルだけ手作りでした。


【きょうのクロスステッチ Vol. 436】 by 岡村恭子

VOL.436 夏の夜のハプニング 停電騒ぎで思うこと

friday den. 15 juni 2018

記録的な真夏日もどうやら峠を越して、いつもの変わりやすい
北欧の天気に戻りました。それでも、まだまだ降水量不足です。
花壇の水やりを怠ると草花がたちまちシュンとしてしまう。
特に紫陽花は大きな葉っぱを思い切りしなだらせて、
可哀想な姿になっています。
ごめん、ごめん、と言いながら根元にたっぷりと水を与えます。

つい、先日のことです。
夕食の片付けも済んでやれやれ…、ソファでゆっくりしよう。
夏至が間近とはいえ、夜の9時ともなると室内はちょっと暗い。
照明を点けて、これからが至福のひと時と雑誌のページを開いた
丁度その時です。点けたばかりの照明がスーッと音もなく消えました。
なんだろう?と思って身近な電源を入れてみましたが全てダメです。
停電?!…、急ぎ、地下の電源パネルを見ましたが異常なし、という
ことは地域停電?この穏やかな夏の夜に?…、とたくさんの?マークで
首を傾げながら、調べてもらうべく娘に連絡して調べてもらうと
見事に我が家の周辺のみ1500世帯が停電中だと。それも、我が家を
中心に停電しているかのような地図が表示されていると、半分可笑しそうに
教えてくれました。修復に3時間くらいかかる見通しということです。
そうなのね、うちだけじゃないのね、とわかった途端に気が楽になり、
通りに出て見ました。
玄関から左手方面は真っ暗なのに、通り隔てて斜め向かい側は煌々としています。
悔しいねえ。羨ましいねえ。と傍の家人にぼやいていると、
どうやら、私と同じような人がいるらしく裏通りで人の声がしますが、
そちらは街灯も消えていてよく見えません。

明るいはずの夏の夜も電気が点かないと知った途端に真っ暗に感じるの
ですから我ながら勝手なものです。
水道をひねれば水が出るように、スイッチを入れれば電気がつくと
思い込んでいる自分に今更のように気がつきます。
とはいえ、イースターホリデー明けにも地域停電に巻き込まれたし、
案外、配電関係にラフな部分がありそうな気がしなくもない。

そんな折も折、
電力会社から綺麗なリーフレットが郵送されました。
『EU諸国の新たな基準に基づいてデジタル管理がさらに向上、 
あなたの個人データーをより安全に守ります。』と書いてある。
ううーん、確かにそれも大事かもしれないけれど、
その前にまずは停電しないという安心感を保証してほしい、と
思ったのは果たして私だけでしょうか?


岡村 恭子
http://copenhagensmile.weebly.com/







珈琲が美味しいと評判のカフェにて。サンドウィッチも美味しい。









今日の庭から。
カプリフォリ(スイカズラ)とジャスミンが満開です。
カプリフォリはこぼれ種からここまで成長してくれました。



【きょうのクロスステッチ Vol. 435】 by 岡村恭子

VOL.435 今日も快晴。家の手入れ日和です。

torsdag den. 8 juni 2018

夏至まで2週間になりました。
PM10:00、日没後も太陽の反射光で西の空は明るく、
あたりが透明なクリスタルブルーに染まります。
刻一刻と深まる蒼色の空に木立や家々のシルエットがまるで影絵のようです。
ふと、童話作家アンデルセンは切り紙細工も得意だったことを思い出しました。
それも、とても分かるような気がする夏の夜空です。

今日も晴れています。
ニュースでは、イチゴの栽培農家がこの陽気で一気に完熟となったイチゴの
出荷が間に合わないと嘆き、キャンプ場は芝の異常乾燥で焚き火禁止令を出し、
アイスクリーム屋さんはどこも長蛇の列!…etc.、といった具合で
世界情勢よりもお天気関連です。無理もありません。記録続きの日が続いて
かれこれ50日、いつまで続く?この晴天というのが人々の最大の関心事と
いうのも宜なるかな、というところです。でも、この猛暑もそろそろ峠を
越すのか?ひいやりとした空気が混ざるようになって、夕暮れ時には
長袖が恋しい。いつもの6月に戻って来たような気もして来たところで、
元気を出して家の手入れをすることにしました。
(デンマークではどの家もマメに手入れして住宅の保存に努めます。
冬はインドア、夏は外回り中心にD.I.Y. が常識です。)
あまり暑いと何もする気にならないし、かといって雨になったら
来年までお預けになってしまいそうな “ 夏版メンテナンス”
家人と手分けしてお互いに気になっている箇所に取り組もむことに
なりました。彼は簡易セメントを使う箇所の担当、私は庭に面した窓の鎧戸の
手入れです。まずは朝一番に町内のペンキ屋さんに走ります。
あれこれと材料の整ったところで、さあ、始めましょう!

我が家には各窓に鎧戸がついています。全部で何扉あるのかな?
少なくとも一階の庭に面しているのだけで10扉、スペインならいざ知らず、
陽差しを避けるどころか、少しでもたくさん外光を取り入れたい北欧では
非常に珍しい。住人の私たちも暑い日続きの今年でさえ、鎧戸で室内を暗く
するなんて思いもよらない。明るい季節は明るく。これが北欧ぐらしの基本です。
全然使わないけれど(無垢の木なので)放っておいたら老朽化が進む。
たまの手入れが肝要なのです。

一度に無理なので2、3扉から。
まずペーパーをかけて表面を綺麗にします。ホースで流して汚れを取り、
次にスポンジを防腐剤入りの水に浸し、一枚一枚良く洗います。
ここで下ごしらえ終了。乾かす間にランチタイム。
プラムの木陰の椅子に陣取って、お互いの進行状況を説明していると、
シジュウカラのつがいが代わる代わる低空飛行、いつになく忙しそうです。
そろそろ雛たちの巣立ちの頃なのでしょう。
その翌朝、巣箱が静まり返っています。チチチチというさえずりは
もうしません。雛たちが巣立っていった証拠です。
狭い巣箱から広い世界に羽ばたいていった小鳥たちの無事を願いながら、
何だか嬉しい朝でした。


岡村 恭子
http://copenhagensmile.weebly.com/
















今日の庭から。
バラ、サルビア、シャクヤクの花、いずれも今が盛りと咲き誇っています。



カラカラ状態の芝生にたっぷり水を撒くのも日課です。



鎧戸のメンテナンス。一枚の扉に21本の横板。結構な作業量です。
オイル仕上げして終了!綺麗になりました。因みに、デンマークの
一般住宅の窓枠は木製なので、時々ペンキ塗りが必要です。



【きょうのクロスステッチ Vol. 434】 by 岡村恭子

VOL.434 6月になりました。引き続き良いお天気です。

fridag den. 1 juni 2018

今日から6月、今朝も朝から青空が広がっています。
良いお天気の記録を全て更新した5月ですが、最後にもう一つ、
ついに29日には29,3℃にまで跳ね上がり、5月としての
最高気温を更新。もう、びっくりの暑さです。
もちろん!太陽光エネルギーの蓄電も記録を更新、わずか1ヶ月で
335,000世帯分の年間電力使用量を蓄えたそうです。
この記録ずくめのお天気、6月に入ってからもしばらく続くとの予報に、
さすがの “ 日光浴大好き人間 “ のデンマーク人も陽射しを避けて
木陰でお昼寝…、の今日この頃です。

先週末のこと、その日は朝から少し湿り気を含んだ暖かい空気に
包まれていました。ひょっとしてザーッと降ってくれるかもしれない。
心なしか、庭の草花たちもそんな思いで空を見上げている様子です。
降ってくれたら嬉しいな、と思いつつ待ち合わせ場所に急ぎました。
娘とギャラリーで興味深い展示を鑑賞しがてらショッピングの約束です。

まずはブランチから。彼女オススメのカフェを目指します。
どこどこ?と言いながら付いて行くのも楽しい。
旧市街地の中心から東側に延びるメインストリート: St.Kongensgade は
かつて家人のオフィスがあった通りです。(現在は北部の海岸通りに移転。)
久しぶりに当時を思い出してそぞろ歩くのもなんだか懐かしい。
王宮に近いので普段から観光客にも人気の界隈ですが、その日は特に
王宮広場に向かう人であふれるようです。それもそのはず
デンマーク王位継承プリンス、フレデリック殿下の50歳の誕生日で、
みんな国旗を手にしてお祭りのような雰囲気です。
正午きっかりにプリンスがバルコンに現れ、人々の祝福に答えてくれるのです。
私たちだけ人波に逆らうようにしてギャラリーへ。
美術館さながら、ゆったりとした空間に絵画や名作家具などが展示されて
います。北欧の印象派の絵画には独特の光と陰の世界が広がっていて、
日照時間が少ない国の人々ならではの感性であふれているように感じます。
他にも宝石やカトラリーなど美しい品々を鑑賞して、すっかり目の保養を
させてもらい、外に出ると遠くから鐘の音と一緒に祝福のざわめきが
伝わってきました。
夜には馬車を仕立てて晩餐会の会場までパレードがあるということですが、
それはテレビでゆっくり見ることにしましょう。

心配していた雨にも当たらす、帰宅すると芝生がしっとりと濡れています。
庭全体ががホッと安堵しているような平穏な空気に包まれています。
一瞬気持ち良いほど勢いのあるにわか雨が降ったのだそうです。
我が町内だけのゲリラシャワーだったのでしょうか?
何れにしても、プリンスをお祝いする人々の上空には降らなかったということは
やっぱり、神様の思し召しに違いない、と思った午後でした。


岡村 恭子
http://copenhagensmile.weebly.com/













プリンスの誕生日で盛り上がるコペンハーゲンの様子。
手に手に国旗、頭の王冠!!
王宮広場への道はまるでラッシュ時の新宿駅?!!









木陰はオアシス。涼しい風が吹き抜けます。



【きょうのクロスステッチ Vol. 433】 by 岡村恭子

VOL.433 今日も快晴。記録づくめの5月です。
      延江さんとのおしゃべりランチの巻。

torsdag den. 24 maj 2018

5月に入ってから一度も雨が降っていません。
デンマークでは最高気温が25℃以上の日が3日以上続くと夏日と
いうのですが、5月に入って夏日がずっと続いている!という
嬉しい記録を今も更新中です。

嬉しいけれど、庭の草花は喉がカラカラ状態、芝生の上を歩くと
カサカサ音を立てます。このところ喉の乾いた葉っぱ達への水やりが日課、
ジョウロを持って行ったり来たりは結構な肉体労働だけれど、
雨ばかりだった去年を思い出せば文句など言えません。
水をやりながら草花の様子を観察するのも成長期の今頃の楽しみです。
ライラックやシバザクラは終わり、今は白いセラスチウムがレースの
縁飾りのように風に揺れています。バラも芍薬もたくさん蕾をつけました。
好き勝手な場所でとんがり帽子のような花を咲かせているのはルビナス。
こぼれ種が成長して、あっ、こんなところにも!という感じで花を咲かせます。
それも面白いので、そのままにしています。
夏の花を植え込んだばかりの花壇には多めに水をあげましょう…。
春にチューリップやムスカリで彩られていた土を球根を傷めないように、
そっと掘り返して、空き地を作り夏の花を植え込みます。
既に植わっている多年草のラベンダー、サルビア、ミソハギなどとの
バランスを考えての花選びは、刺繍の色糸選びにも似ているような気がします。
ふと聞こえてきた チチチチ…という声、あっ?!小鳥の雛の鳴く声…?
杉の木に掛けておいた “ 小鳥の家 “ にシジュウカラが出たり入ったりするのを
見かけてはいたのですが、どうやら無事にヒナが孵ったようです。
これで一安心です。無事に育って巣立ちますように。。。

そんなお天気続きの昼下がり、午前中に庭仕事を終わらせて、
久しぶりに延江さんとおしゃべりをすることになりました。
さて、どこにしよう?…、これがいつも悩みのタネです。
悲しいかな、主婦の行動半径はまことに狭く最新情報に疎い。
それを察した延江さんからのメールに添付されていたのは、彼女オススメの
カフェ候補のリンクでした。ここはどう?あそこも良さそう、と
会う前からおしゃべりタイムは始まっています。 そうして二人で選んだのは
旧市街地のホテル内のカフェテラスでした。エスカレーターを上がると
ホテルのロビー、そこからさらに奥の方にテラスガーデンが広がっています。
観光客で溢れている表通りの喧騒が嘘のような静かでゆったりした空間、
おしゃれで親切なスタッフ、都会のオアシスという言葉がぴったりです。
まずはよく冷えたグラスで乾杯。 延江さんは春のオープン
ステッチハウスのことや、彼と過ごしたホリデーのことなど面白おかしく、
私も日本での出来事を報告しながら、笑っているうちにたちまち時間は
過ぎてゆきました。
帰りがけには二人とも主婦に戻って?ワインなど買い込んでしまった。
急に重たくなった荷物を延江さんが助けてくれたりして、なんだか彼女の
お母さんになったみたいと、それも内心ちょっと可笑しく思いながら、
ストロイエのブティックをハシゴして歩くのも楽しい。
久しぶりの息抜きとなりました。次回は我が家でBBQを楽しみにネ!!

今年のコペンハーゲンは今が夏の真っ盛りです。

岡村 恭子
http://copenhagensmile.weebly.com/













通りの喧騒が嘘のような寛ぎの空間が広がる。ここは都会のオアシス!
おしゃれなランチプレートを前に、愉快なおしゃべりで至福のひとときです。
日差しが眩しいと言ったら大きな白いパラソルを広げてくれました。



ストロイエ通りにはもうすぐ50歳になるプリンス フレデリック殿下を
お祝いする国旗がはためいています。
26日の誕生日に国をあげてのお祝いで盛り上がりそうです。









我が家の庭も初夏の装いです。
真っ白いセラスチウム、ハートの形をした花びらが愛らしい。
PM9:30の夕焼けです。こんな良い天気の日はみんな夜更かし!



商品カテゴリ

■ おすすめ!

■ 【即日発送可】

■ 糸 /布 / 小物

■ 図案集 / 本

■ 刺繍キット / フレメ

■ 刺繍キット / デンマーク

■ 刺繍キット /スウェーデン

■ 刺繍キット/ ドイツ

■ 刺繍キット / イギリス

■ 毛糸

カレンダー
  • 今日
  • 発送休み
  • メール返信休み(土・日)

★<ご注文確定メール>を7営業日以内にお送りいたします。
【送料、割引などを含む合計金額】はそちらでご確認ください。
★土・日曜日のメール返信はお休みとなります。



下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

アンティーク&ヴィンテージ

スウェーデンより北欧ヴィンテージ雑貨を扱うショップのご紹介。ジュエリー、テキスタイル、手芸中古書もあり。センスの良さは抜群です。秋田市に実店舗もあります。
http://www.antique-vintage.net

<姉妹店 マリリア>

ジョージ・ジェンセン、トロールビーズ、ロイヤルコペンハーゲンをはじめシンプルで感性の高い北欧デザインをご紹介しています。www.mariliadk.com

ページトップへ