きょうのクロスステッチ

【きょうのクロスステッチ Vol. 543】 by 岡村恭子

VOL.543 デンマークの暮らし 10月の日々雑記
      冷凍ニシンで蒲焼を作る… の巻

søndag den. 18 oktober 2020

目覚ましが鳴りました。朝7時、カーテン越しの空はまだ真っ暗ら。
もう少しお布団にくるまっていたい気持ちを押しやって、
今日も一日が始まります。
これから冬至に向かいもっと太陽が遠ざかってゆくのだから…
もっと暗くなってゆくのだから…。
今はまだほんの序の口、いざ、覚悟!なのです。

それでも、この秋はお天気に恵まれて暖かい日が続き、
昼間の公園では子供たちが元気に遊び、通りのカフェも賑わっています。
コロナ対策で様々な規制はあるものの、相変わらず公共交通機関を利用
する時以外、マスク姿は稀です。
今のところレストランやカフェも夜10時まで営業して良いので、
フランスやイギリスに比べればかなり自由が保たれているし、
毎日(天気予報のように)集計が発表される ”本日の感染者数” も
緩やかなカーブですが、これからクリスマスシーズンに向かい、
人々の気が緩んでしまいそうで、その辺がちょっと心配ではあります。

さて、私はブログ更新の告知板としてFacebookを使っています。
とはいうものの、他力本願で開設したものだから、
よく分からないまま、決して使いこなしているとは言い難い。
そんなFacebookの友達欄に懐かしい友達からメッセージです。
「こんにちは!○○です。母の代わりにメッセージしています。」
「わー!(私の友人)◉子さんの(娘の)○○ちゃんからだ!」
すぐ返信したい。でも返信の仕方がわからない。
早速、娘に事の次第を伝えると早速代筆してくれました。
「△△です。母の代理です。メッセージありがとうございます。
これからもどうぞよろしく」
… と、まあ、本人同士では成り立たないという可笑しいことでしたが、
おかげで、メッセンジャーの使い方はクリアしました。
高齢者としましては便利な世の中についてゆくのも楽ではありません。
時々、お魚を食べたくなります。

この頃は近所のスーパーでもノルウェー産の鮭や近海物のタラとヒラメ。
この3種類はいつでも買えるようになり、とても重宝しています。
今日は冷凍のニシンを買いました。
「ウナギより美味しい秋刀魚の蒲焼き」というのをどこかで聞いたことが
あるけれど、本日は「秋刀魚より美味しい?ニシンの蒲焼」を作ろうと思います。

【材料】
 蒲焼にする魚  今回は冷凍ニシンの開きを4枚使用
 醤油      大さじ3
 酒       大さじ1 我が家は白ワインを代用 
 みりん     大さじ1
 砂糖      大さじ2
 粉山椒     適宜

【作り方】
 1 魚を食べやすい大きさにして軽く塩をし、5分ほどおいたら
   キッチンタオルで水気を拭き、小麦粉をまぶす。
 2 フライパンにサラダ油を大さじ2程度でこんがり焼く。
 3 火を弱めて、予め合わせておいた調味料を2に振りかけ
   じっくりと煮詰めて完成。好みで山椒を振りかける。

結果。
鰻の蒲焼が貴族だとしたら、秋刀魚の蒲焼は庶民、それなら
ニシンの蒲焼は?うう〜ん、、、もう少し頑張れば何とかなりそうな
アルバイト学生。。という感じかな? 
将来性を秘めたおいしさとでも申しておきましょう。

岡村 恭子
http://copenhagensmile.weebly.com/







コペンハーゲンの街角スナップより
この週末も秋晴れに恵まれて、人々は思い思いの秋の日を楽しんでいました。






カフェも賑わって。
感染防止策として「1テーブル4名まで」というパネル。



花壇には「食用ではありません」(食べてはダメ!)という注意書き。












ニシンの蒲焼はこんな感じで。。。



冷凍の半分は南蛮漬けにしました。
デンマークでもこれとほぼ同様の酢漬けを黒パンに乗せて食べます。



【きょうのクロスステッチ Vol. 542】 by 岡村恭子

VOL.542 秋のコペンハーゲン散策
      ストロイエ周辺レポート

søndag den. 11 oktober 2020

秋休みになりました。
いつもは子供たちで賑やかな通学路も静かです。

夜来の雨が上がり、青空が広がった日曜日、
庭仕事もひと段落したところで、ショッピングがてらストロイエ方面に
出かけてみることにしました。
コロナ以来、バスに乗るのも億劫になりがちだけれど、
素敵な青空だし、ちょっと覗いてみたい場所もあるし…。
元気出して行きましょう。

我が家から中央駅やストロイエ方面までバスで20分ほど、
玄関を出て徒歩2分のバス停から、セントラル方面行きのバスが
数分おきに出ます。(その点だけで言えば山手線並みです。)
バス、メトロ、電車の共通カードチケット(Suicaのような)を
使用すれば乗り換え自由、最終降車時点でチェックアウトすれば
良いので便利です。
今回は中央駅まで行き、そこからストロイエ方面に向かって
散策したいと思います。

中央駅のすぐ横がチボリ公園、その先にコペンハーゲン市庁舎が続く、
距離にして約300メートルほどの通りを、歩行者専用道路にする計画が
進行中だそうで、既にチボリの入口周辺の整備が進んでいます。
広い歩道と2台並走可能な自転車道が完成。
ステキなのは歩道に沿って桜の木が植えられたこと。
今までありそうでなかった桜並木の完成です。
短い距離ですが完成すれば、市庁舎広場、さらにストロイエへと続き、
ニューハウンまで車を気にせずに楽しめるようになります。

そんな明るい計画とは対照的に、久しぶりに歩くストロイエ周辺は
コロナの影響で閉じてしまったショップも多く、日曜日ということを
差し引いても閑散とした印象は否めません。
観光都市コペンハーゲンとしては、コロナ収束後の経済立て直し政策に
期待する以外無いなあ…と、そんなことをつらつら思いながら、
ストロイエの中心広場Amagertorvに出ました。
海外からの観光客のいない広場はガランとしています。
いつもは大勢の人たちで賑やかな噴水周辺も人影まばら。
そんな厳しい状況下にもかかわらず、広場の角にあるIllumデパートに
この度グランドオープンしたのが ” MUJI ” です。
パイロットショップとしてプレオープンして一年。
今回、めでたく?全フロアがMUJIのショップになりました。
コロナ渦だというのに大丈夫?とまるで親戚のおばさんのような
気持ちで行きましたが、たくさんの人で賑わっている様子に一安心、
私も久しぶりの” MUJIショッピング “ を楽しみました。

岡村 恭子
http://copenhagensmile.weebly.com/




チボリは秋休み&ハロウィンオープン。
 


車道のように広い自転車専用道完成。



写真奥に市庁舎広場、その先にストロイエへと続く。









秋晴れの空の下、ストロイエ周辺は人影まばら。












MUJIコペンハーゲンのショップ内風景。
食料品には北欧ならではの品揃えも。
今回のショッピング。欲しかった味噌濾しもゲット。



【きょうのクロスステッチ Vol. 541】 by 岡村恭子

VOL.541 簡単レシピ No.3
      南瓜のお菓子で一息入れましょう。

søndag den. 4 oktober 2020

10月。
今年もインフルエンザの予防接種をする時期が巡って来ました。
デンマークでは65歳を過ぎると無料で受けられます。
その” 権利“ を無駄にせず毎年欠かさず受けて来た私とは反対に
予防接種などしなくてもインフルエンザにはかからない、と強気?
だった家人も、さすがに今年は行く気になってくれました。
予約サイトで希望日時を入れながら、私たちもすっかり高齢者の仲間入りね、
と苦笑いです。

さて、今週10日から一週間、デンマークは秋休みです。
例年ならスポーツイベントやライブコンサートなどで盛り上がるのですが、
今年は全て中止。子供たちが楽しみにしているハロウインも盛り上がりに
欠けてしまいそうです。そのハロウインに欠かせないのが南瓜。
スーパーのハロウィンコーナーに山積みです。
中をくり抜いて目鼻をつけて玄関脇に飾ったりするのですが、
しかし、ちょっと待って!
当たり前だけど、南瓜は野菜です。お料理で使わず何とする?
その日、スーパーに行った私は、オレンジ色の硬い皮に包まれて、
いかにも健康優良児的な一個を手に取りました。
他にキャベツやジャガイモ、葡萄、そして卵etc.
嵩張る、重たい、壊れやすい、と三拍子揃った買い物を自転車の
カゴに押し込んで帰ると、ようし!作るぞ! … 。
南瓜のお菓子は初挑戦です。どれどれ…、インターネットで
美味しそうなレシピを探していると(便利な世の中になりました。)
頃合いを見計ったように娘がやって来ました。
彼女も意外なアイテムの登場に笑いながらさっそく腕まくりです。

ともすると気分も沈みがちなwithコロナの毎日に、
オレンジ色のカボチャが元気をくれた週末のひとときでした。

【カボチャの焼き菓子】
 ●材料
 カボチャの実の部分   300g
 生クリーム       200cc
 グラニュー糖      90g
 卵           3個
 小麦粉         30g
 バニラエッセンス    数滴

●作り方
 1 18cmのスプリングフォームにベーキングペーパーを敷いておく。
 2 卵を室温に戻しておく。
 3 カボチャを写真のように切り、600wの電子レンジで7分。
 4 スプーンで(3)のカボチャの皮を剥ぎ、中身だけで300gに
  計量してマッシュする。
 5 室温に戻した卵を一個ずつ加え攪拌、順次グラニュー糖、生クリームも
  加えてよく混ぜる。
 6 振るった小麦粉、バニラエッセンスを加えて全体をよく混ぜる。
 7 スプリングフォームに流し入れ、170度のオーブンで40分。

カボチャのお菓子は初めてでしたが、和菓子のような優しい風味で
緑茶によく合います。

岡村 恭子
http://copenhagensmile.weebly.com/







カボチャの皮は硬くて包丁を入れる際に要注意です。



私はこれくらいを2回に分けてレンジ加熱しました。






フォークとスプーンで皮を剥き、マッシュして材料を順に加えて攪拌。



焼き上がりはこんな感じ。



マッシュしたカボチャに材料を加えてよく混ぜるだけ。
ほんのり優しい甘く、ほっこりしたカボチャの風味が広がります。






今日の庭から
真っ赤な柊木の実と 野バラの実が秋の庭を彩ります。



今年最後の芝刈りかな?



【きょうのクロスステッチ Vol. 540】 by 岡村恭子

VOL.540 お料理で気分転換。ハーブを使った林檎のピュレ

søndag den. 27 september 2020

早いもので9月も最週末になりました。
暖かい日が続き温暖化を心配しながらも、主婦としては家事が
捗り助かっています。
一方で憂鬱なことと言えば、ヨーロッパ全域でコロナ感染の第2波襲来です。
デンマークもここ数日、一日の感染者数が春以来の高い数値に上り、
政府は一度緩めた制限を再度発令、飲食店などの営業は夜10時まで、
50人以上の集まりも禁止になってしまいました。
若者たちが集まるスポットには特に厳しくルールを定めて、
規則違反者には罰金も課せられるとのこと。
お陰で、春の緊急事態宣言で計画を秋に変更していた人たち、
例えば、結婚式など大勢の参加者を想定してのイベントも
再度キャンセルせざるを得なくなり、関係者から大ブーイングです。
みんな、我慢も限界といった様子です。
世界的感染推移をみると確かに9月に入り感染者が増えてはいるけれど、
春の爆発的パンデミック時に比べると死者は激減しています。
コロナ対策の効果が出て来ている証拠です。
有効なワクチンが完成して従来のインフルエンザと同じ扱いになる日も
近いと信じて、今少しの辛抱ですね。
見方を変えれば、生活習慣を見直す機会となり、仕事改革も急速に進みました。
afterコロナに向かって新しい時代が始まっているのかもしれません。

まだしばらくは外出を控える日々、
お料理で気分転換をしましょう!
今回は林檎を使ったオープンサンドをご紹介します。

*林檎のピュレのオープンサンド。

【材料】3人分
ベーコン用豚肉、又は厚切りのベーコン 3枚
林檎 紅玉タイプ 2-3個
玉ネギ     中1個
生姜汁     適宜
タイム     適宜
リンゴジュース 50cc
バター    大さじ1
塩、胡椒   少々

【作り方】
1 魚焼き用のホイルを敷いたフライパンで塩を振った豚肉、
  又はベーコンをやや強火で表面がカリッとするまで焼く。
2 玉ねぎ、リンゴにタイムをパラパラとして、
  バター大さじ1で炒める。少ししんなりしたらリンゴジュースを投入、
  しょうが汁も加えて煮詰め、最後に胡椒を振り入れる。(塩は入れない。)
3 黒パン、又はバケット 3枚 をバターでカリッと焼く。
4 パンの上に林檎のピュレ、焼きざました肉をトッピング。

林檎の酸味とリンゴジュースの甘み、そこにショウガとタイムの香りが
加わって、新しい味覚のデニッシュオープンサンド。
秋の日のブランチにぴったりです。

岡村 恭子
http://copenhagensmile.weebly.com/
















タイムや生姜の量はお好みで加減してください。
林檎のピュレはポークソテーに乗せても良いし、
朝のトーストに乗せても美味しい。保存が出来るので重宝です。









今日の庭から。
今年植えた洋梨の木も紅葉し始めて。。
庭で育ったローリエ、ローズマリー、タイムなどで
キッチンの窓辺はハーブの良い香り。



【きょうのクロスステッチ Vol. 539】 by 岡村恭子

VOL.539 暖かい9月の昼下がり 

     林檎のケーキでお茶にしましょう。

søndag den. 20 september 2020

まるで夏が戻って来たような暖かい陽気が続き、
秋の芝刈りをした庭は乾燥した草の匂いに包まれて草原にいるようです。
今頃になって紫陽花が新しい花をつけているし、
去年は既に暖房も入れていたのに、今年は庭先のドアを開けっぱなしにしている!
地球の温暖化現象は身近な日常にも顕著です。
ちょうど一年前のこのページでデンマークが取り組む
地球温暖化防止政策=森林倍増CO2削減計画について書いていますが、
https://www.stitchhouse.jp/hpgen/HPB/entries/2097.html
世界各地で頻発する大規模森林火災のニュースに接する度に
この小さな国の地道な努力が “焼け石に水” とならないよう願うばかりです。

とはいうものの、日増しに秋は深まって、店先には旬のリンゴが
1kgで20kr. 程(約350円)で山積みです。
(物価が高いデンマークですが地元で出荷される旬の青果物は新鮮で格安!
時には日本よりもずっと安く感じることもあります。)
手に取ると甘酸っぱい林檎の香りが鼻先をくすぐります。
迷わず買い物カゴに入れて、早速簡単なおやつを焼きました。

⚫︎秋のおやつ 林檎のケーキ

【材料】
紅玉タイプのリンゴ 2個
小麦粉      100g
ベーキングパウダー 10g
バター      100g
グラニュー糖   90g
卵         3個

他にキャラメル用
グラニュー糖   30g
水        少々

【作り方】
1 バターと卵を室温に戻し、スプリングフォームにベーキングペーパーを敷いておく。
2 小麦粉とベーキングパウダーを一緒に振るっておく。
3 リンゴ一個はサイの目に、一個はくし切りにしておく。
4 キャラメルを作る。グラニュー糖30gを中火で狐色に焦し、水少々を加え
    サイの目に切ったリンゴを入れ水気がなくなるまで炒める。(中火で5分ほど)
5 ボールで室温に戻したバターをクリーム状に攪拌。
6 グラニュー糖90gを加えてさらに攪拌。
7 室温に戻した卵3個を一個ずつ加えて滑らかになるよう攪拌する。
8 振るった粉を投入、全体がよく混ざったらキャラメルに絡めたリンゴを混ぜ込む。
9 ベーキングペーパーを敷いた18㎝フォームに流し入れ、くし形に切ったリンゴを
    並べ、170度のオーブンで45分〜50分。表面が狐色に焼き色がつくまでじっくり焼く。
10 冷めたらパウダーシュガーを振りかけて完成。

リンゴはお料理にも活躍します。
次回はリンゴを使ったメニューを紹介したいと思います。
お楽しみに。

岡村 恭子
http://copenhagensmile.weebly.com/
















上手なお菓子作りのコツは下準備。レシピの手順でお試しください。
冷凍保存しておくと不意の来客にも重宝です。



きょうの庭から
お天気が良いので庭でランチ。
季節限定Octoberfest.beerにケチャプたっぷりのナポリタン。
相性ピッタリ!です。



遅咲きの紫陽花が一輪、秋の陽に浮き立って見えます。


【きょうのクロスステッチ Vol. 538】 by 岡村恭子

VOL.538 デンマークの暮らし : マスクをしてバスに乗ろう!

søndag den. 13 september 2020

夏の間に家の外回りのメンテナンスをする。
これは北欧暮らしに欠かせない心得のひとつです。
今年は裏木戸、キッチンドアのペンキ塗り、
2階ベランダの鎧戸と手すりのメンテナンス、
去年の夏にやり残した一階リビングの窓枠のペンキ塗り。
晴れた日を逃さずに、もう一息で完了です。

その日の庭仕事も一段落、小腹が空いたので袋をガサゴソして…
あぁ、最後の1パックになってしまったねえ…。
春秋と年2回の帰国時にトランクに詰め込んで持ち帰る食料品、
加えて、日本からやってきた友人知人たちのお土産品などで、
我が家の地下食料棚は常に豊かな在庫状態を誇っていたのが、
この度のコロナ騒動で一変してしまいました。
去年の秋に帰国てからもうすぐ一年、又帰った時に買えば良いし、
夏休みには友達が次々にやってくる!と期待を込めて楽しみにしていたのが
全て流れてしまった。そして、とうとう貴重な食材が底をついてしまった。
無いと思うと無性に食べたくなる。
コペンハーゲンで入手可能なものだけでも買いに行こう。
と言うわけで、マスク着用が義務付けられて以来、遠ざかっていた
バスに乗って街まで行ってみました。

久しぶりのバスで驚きました。何がと言って、バスの中が静かなのです。
普段は携帯で声高に話す人々で騒がしい車内がシーンとしている。
みんな無言。マスクに慣れていないデンマーク人は口を塞がれたような
気持ちになるのかも知れません。これは思わぬ2次的効果です。
これからずっとこうであって欲しいと思いながら、ふと、車窓から外を見ると、
歩行者はもちろん、サイクリスト、車のドライバー、誰もマスクなんて
していない。バスの中だけ全員マスクをしている。それだけのことなのに、
まるで我々だけ隔離された者のような気分になります。
だからでしょうか、バスを降りた途端に全員マスクを外す。素早く外す。
マスクを外した開放感からか、携帯を当てがい思い思いに喋りだす。
まるで遠い隔離社会から日常に戻ったように…。なんだかおかしい。
私だけ試しにマスクを外さず、そのまましばらく歩いてみましたが、
周囲にマスク姿の無い中で、そうしていると自分だけが感染者のような
変な気分になってしまう。あまり良い気持ちじゃないので、
人々に習って私もマスクを外しました。

お店に到着、さあ、買うぞ!と張り切っていたのですが、
商品棚にいつもあるはずのモノが無く、品薄状態です。
聞くと和食材料の売れ行きが好調で在庫不足とのこと、
コロナで旅行出来ない人が和食に目覚めたのか?
それとも、私と同様のシチュエーションの人が買い占めてるのか?
いずれにしても、長期戦になったコロナとの戦い、
まずは自分が感染しないようにと、帰りのバスでもしっかり
マスクをして家路を急いだのでした。

岡村 恭子
http://copenhagensmile.weebly.com/




バス車内の様子。遠目にも元気なさそうです。



バスを待つ間に素早くマスク着用。






久しぶりのTorvhallen(青物市場)は彩豊かな秋の野菜が。
市場で初物のリンゴを買いました。






今日の庭先。
たまに気が向くとここで文章を書いたり。。。



これは近所のベーカリーで週末だけ登場するドーナッツ。
グミのトッピングが楽しい。



【きょうのクロスステッチ Vol. 537】 by 岡村恭子

VOL.537 デンマークの暮らし : 9月の日々雑記

søndag den. 6 september 2020

大型台風一過、秋空が広がっているでしょうか?
直撃を受けた地域の被害が最小限であったことを心から願っています。
_______

秋本番。
ステッチハウスのページに来年のカレンダーやクリスマスモチーフが
登場すると、刺繍をしない私でもちょっとワクワクします。
これからクリスマスシーズンに向かい、色糸を挿す皆様の指先も
忙しくなるのではないでしょうか?

デンマークではそろそろ冬支度の心配をする頃となります。
去年のカレンダーで調べたら、9月10日に早々暖房のスィッチを入れている。
今年は気温が高めなので、もう少し先まで我慢出来そうですが、
寒がりの私はすでにセーターを着ているし、街ゆく人もコート姿が
目立つようになってきました。
日照時間の極端なデンマークですが、秋分の頃までは束の間、
昼と夜の時間帯が日本とさほど変わりなく、晴れた日などには
高い空を見上げて「運動会日和」「遠足日和」…と、
そんな言葉が浮かんできます。(丁度、日本の10月頃の感じです。)
本日もサイクリング日和です。私としては少し遠出して
バス停で3つ目の所にあるアジアンマーケットまで行こう!と、
ペダルを踏んだのですが、一漕ぎした途端に強い向かい風に煽られて
あっさり頓挫、即、近所のスーパーに変更、簡単に買い物を済ませ、
お勝手口からキッチンに入った途端にバラバラザザーッ!という音です。
ものすごい勢いで大粒の雨が降ってきました。
滑り込みセーフ!遠くまで行かずに大正解でした。
最近、デンマークでもゲリラ豪雨のようなことが頻繁に起こります。
今回も小一時間ほど窓ガラスを打ちつけるような雨が激しく降った後、
まるで嘘のように澄み切った青空が広がりました。

秋の庭仕事も佳境を迎えています。
例の杉の木があった周辺の整地も少しずつ進んでいます。
→ https://www.stitchhouse.jp/hpgen/HPB/entries/2168.html
先日、小さなモミジを植えました。紅葉樹は初めてなので
今から来秋の紅葉時期が楽しみです。
他にもエリックが持って来てくれた洋梨の木を、物置の横の
日当たり良い場所に植えたし、近々桜の木を伐採した跡地にも
新らしい桜の木を植える予定です。
→ https://www.stitchhouse.jp/hpgen/HPB/entries/2168.html

思えば、私達がこの家に住み始めた頃は
大きな桜の木は春のお花見、夏のサクランボと楽しみが続き、
秋から冬にはリンゴ、梨、プラムが実り、お菓子やジャム作りに
追われて、それは忙しかったものです。(懐かしい。。)
本当に、まるで果樹園のような庭でした。
それが年を経て順番に枯れて行き、とうとう残るはプラムの老木だけに
なってしまい、そのプラムも今年は実らずに終わってしまった。。。
無理もない、植えられてから80年も経っているのです。
これから少しずつ時間をかけて甦せて行こうと思っています。

岡村 恭子
http://copenhagensmile.weebly.com/













私の自転車ルート、町内の様子です。
ピザのテークアウトやお惣菜屋さん、小さなカフェなどが点在。
バス停にはコロナ対策で手洗いを促すポスターが。









我が家の庭から
買い物から戻った途端に大粒の雨の後の青空。
紅葉よ育て!来秋の紅葉を楽しみに。。



【きょうのクロスステッチ Vol. 536】 by 岡村恭子

VOL.536 初秋の頃、月を見て思う。
      7番目の月 September

søndag den. 30 august 2020

8月も残りわずかとなりました。
コペンハーゲンは一雨ごとに秋の気配が忍び寄ってきています。

昼間の雨が上がって窓越しの空が明るい、と思ったら満月です。
大きなお月さまが夜空に浮かんでいます。
宇宙広しと言えども、私たちが親しみを込めて「様」付けで呼ぶのは
お日様(=太陽)とお月様だけです。
この果てしない宇宙空間で、太陽と月という掛け替えの無い家族と一緒に
バランスを保ちながら未来永劫回転し続けるんだね…。
ぽっかり浮かんだお月様を眺めながら、改めて感動します。
そして、人類なんて所詮小さな存在、自然界を冒涜したらバチが当たる。
まずは身近な環境から見直そう、と謙虚な気持ちにもなったのでした。

9月は秋の始まり、別名(秋の夜長の)長月、英語でSeptember。
7月Julyはジュリアスシーザーが自分の名前から命名し、それを真似て
アウグストゥスが8月をAugustにした、というのは有名な話ですが、
それではSeptemberは?と調べたら、ラテン語で7番目という意味の
septem が語源だそうです。
同様に、Oktober は8番目のokto、Novemberは9番目novemから、
December は10番目decemから来ているのだそうです。
ついでに、8本足のタコ=octopus, 数字の9=nine、
そして、1リットルの10分の1が1dl. は 10=Decemから来ている
と言われると、成るほどわかり易い。
今まで、お料理の時にdl.とcc.が混乱していた私はこれでスッキリです。
が、しかし、待てよ、と。
9月が7番目の月というのは一体どういうこと?
実は古代ローマでは現在の3月から12月までの10ヶ月を一年としていたとか。
そんなことから現在の9月は7番目の月Septemberになったそうです。
面白いのは6月までの4ヶ月は、(例えば6月 ”Juneブライド” はJunoという
愛の女神に因んでいる。)神話に基づいた神や女神の名前に因んでいるというのに、
9月から12月は単なる「数値」が起源とは、古代ローマ人もアイデア不足だった
のでしょうか。いずれにしても、紀元前の昔から人々が月と太陽を観察して
一つのサイクルを見出し、一年という区切りと設定して延々と営みを続けてきたと
思うと、なんだか、時間軸が止まったような不思議な感覚になります。

さて、身近な庭に目を移すと、
晴れた日の日差しは強くても、吹く風はひいやりとして、秋の入り口に差し掛かった
ことを教えています。木々が葉を落とすにはまだ少し早いし、草花が花をつける
時期は
過ぎて、みんな静かに冬支度の心構えを始めている。
そんな時期になったというのに、
あらっ? 今頃になってりんごの木に小さな白い花が咲き始めた!
この春、植えたりんごの苗木に時期外れの花をつけました。
隣家の庭のリンゴの木にはすでに実がなり始めているけれど…、
がんばれ!チビリンゴ。今からでも遅くない!と励ましているところです。

岡村 恭子
http://copenhagensmile.weebly.com/




小さなリンゴの花。紅い実がなるのかな?






もうすぐ十五夜、秋は夜空が美しい。






今日の庭から。
影が長くなって太陽の位置も低くなってきています。

 

【きょうのクロスステッチ Vol. 535】 by 岡村恭子

VOL.535 デンマークの暮らし : マスク必携になりました。

      在宅でのお楽しみ、読書のすすめ。

søndag den. 23 august 2020

夏の日照りが続いた後で、昨日は久しぶりの雨でした。
連日のカンカン照りにすっかり元気を無くていた
庭の木も草花も芝生もたっぷりと水分を吸い込んでシャキッ!
渇いた喉を潤したように元気回復です。

さて、とうとう、と言うべきか、今更というべきか?
デンマークでも公共の乗り物利用の際にはマスク着用が
義務付けられました。(22日より実施)
感染者数が夏休みが明けた途端に増加してきたのを受け、
国民の気持ちを引き締めようという政府の方針です。
デンマーク人は、北欧のラテンと言われるだけあって、案外呑気だし、
窮屈な決まりを守るのはあまり得意じゃない。
ちょっとだけ、今だけ…と言っているうちに適当になってしまうような…、
そんな気がしないでもない。
そう思って周辺を見ると、スーパーの入り口などでも、手を消毒せずに
入店する姿が目立つし、以前は2mの棒の先にマイクをつけて、
ソーシャルディスタンスをアピールしていたTVインタビューも、
いつの間にか通常通りになっている。
他にも、気が緩んでしまっている様子はここかしこに見受けられます。
私自身、全員マスク姿のバスに乗れば、ビシッとするかもしれません。

長引くコロナ騒動で、ただでも狭い行動半径が更に狭まる感が増す
今日この頃ですが、そんな時にこそ日常の憂さを忘れて、
悠々とした気分で読書三昧も良いものです。
私の帰国した時の楽しみの一つは書店に行き、新刊本の匂いに包まれながら
書籍棚の間を行ったり来たりすること。何時間でもそうしていたい。
ああ、日本の豊かな書籍文化よ!と、文庫本の背表紙をなぞりながら
うっとりします。そうして持って帰った本の中から、さて、どれにしようかな?
本棚から引き出して手にした一冊がその日の友達です。
因みに今読んでいるのは同時進行で下記の3冊。
⚫︎「悪党芭蕉」嵐山光三郎
⚫︎「覚えていない」 佐野洋子
⚫︎「犬が星見た ロシア旅行」 武田百合子
いずれも何度読み返しても、その度に面白い。
読書の魅力は束の間の日常逃避の愉しみとも言えそうです。

読書の合間に庭仕事も欠かせません。
暑さも峠を越したし、そろそろエンジンかけて、
春に伐採したノッポの杉の木が有った周辺を整地を始めようと思います。
地を這うツタと、地下に根を張って繁殖凄まじい藪木(名前は知らない)を
根こそぎ掘り返して退けなくてはならないので結構な力仕事になりそうです。
本日はほんの手始め、小一時間ほど家人と一緒に土を掘り返しました。
「時をためる暮らし」の実践者 : つばた夫妻を見習って、
1時間やったら、2時間休息です。無理は禁物なのです。
疲れない程度にコツコツゆっくりと楽しみながら、やってゆこうと思います。

岡村 恭子
http://copenhagensmile.weebly.com/







読書中の3冊と、豊かな人生を歩んだ夫妻の物語
魅力に溢れる本の数々。もっとたくさん紹介したい!!



手始めに土を堀り返しました。整地するまで時間かかりそう。。。






今日の庭から、
カプリフォリの紅い実とチョコレートコスモスが秋の気配を感じさせます。



ラベンダーはこんな風にして飾ります。良い香りがします。



私もマスク購入。
スーパーに山積み、群がる人もなく、売り切れる様子はありません。



【きょうのクロスステッチ Vol. 534】 by 岡村恭子

VOL.534 懐かしい記憶を辿る コペンハーゲンのお盆の夜

søndag den. 16 august 2020

今日も暑くなりそうです。
朝から窓を開け放ち、風を入れます。

せっかくの”お盆休み” もコロナ渦で思うように楽しめなかった方が
多かったのではないでしょうか。
お盆といえば、
私がまだ幼かった頃には、町中の住宅街でも
お盆の入りには人々が迎え火を焚いていたものです。
母も玄関先に出て迎え火を焚いて、先祖をお迎えして、
送り火でお別れしていました。
それがいつ頃からか、普段忙しい父が率先してお盆くらいは、と
家族で旅行に出かけるようになり、家を引っ越したりしているうちに、
迎え火を焚く事も、桔梗の絵が涼しげなお盆提灯を灯すを事も
なくなって行ったのでした。
私の子供時代ですらそんな風にして季節の伝統行事が日常から
消えて行ったのですから、デジタル世代の今、お盆休みとは名ばかりで、
ご先祖様は何処へやら、ただの大型連休に過ぎないのだろうと思っていたら、
いやいや、そんなことはない。我が甥っ子が小学生の息子を連れて
お墓参りしてきたというではありませんか。
折からの猛暑の中、墓地に人影はなく、坂道を歩いて良い汗かいた、という
ことですが、誰に頼まれたのでもなく、ごく自然にそんなことをしてくれた
ことがとても嬉しい。
長年のデンマーク暮らしで、日本の伝統行事に疎くなってゆくのを
我ながら不安に思っていたけれど、将来を若者に託せば大丈夫!
カタチが変わっても、その時代に息づく新しい伝統が受け継がれて
ゆくに違いない、と心強く思ったのでした。

しみじみと思い出した子供時代のお盆の記憶しかり、
人間の脳ミソというのは歳をとるに従って、ごく最近の記憶が疎くなる一方、
遠い記憶が鮮明になる、というのはどうやら本当のようです。
先日はお料理しながら、唐突に♪ライオネスコーヒーキャンディー♪という
CMソングが口をついて出てきた。(ご存知の方いますか?)
あはは、おかしい。なんでそんな歌が、と思うけれど、そう言えば
中学生の頃、コーヒータップというキャンディーがお気に入りだったなあ、と
思い出しました。赤いタータンチェックの化粧コンパクトほどの缶容器に入っていて、
この容器が大いにティーンエージャー心をくすぐって、通学鞄に忍ばせて
ちょっとウキウキしていたっけ。。。と、懐かしいお菓子の記憶が次々と
蘇ってきました。
丸いオレンジ味のガムは結び目だけが緑色になっている葉っぱのような
セロファンでくるまっていて、見た目にも子供心をくすぐった。
当時から日本のパッケージデザインは秀逸だったということね、というと、
家人も混ざってきて、
風呂帰りにお祖父さんに買ってもらったコーヒー牛乳は格別に美味しかった。
紙のフタを太い毛糸針みたいなのでスポン!と抜いてもらうんだ。
朝湯に行く祖父に連れられて、早起きの目を擦りながら歩く5歳の少年、
想像するだに愉快です。
次々と思い出が蘇り、製本職人だった祖父の仕事ぶりなど、
子供時代の懐かしい話は尽きません。

お盆にちなんだ話から、昔話に花の咲いた夏の夜でした。

岡村 恭子
http://copenhagensmile.weebly.com/













写真は全て我が家の庭から。
ブラックバードは木のテッペンが大好き!透き通る声で高らかに囀ります。
真夏日が続いています。庭で食卓を囲みます。夜風が気持ち良い。
オリーブの実が少し大きくなってきたみたいです。楽しみ!



商品カテゴリ

■ おすすめ!

■ 【即日発送可】

■ 糸 /布 / 小物

■ 図案集 / 本

■ 刺繍キット / フレメ

■ 刺繍キット / デンマーク

■ 刺繍キット /スウェーデン

■ 刺繍キット/ ドイツ

■ 刺繍キット / イギリス

■ 刺繍キット / フランス

■ 毛糸

カレンダー
  • 今日
  • 発送休み
  • メール返信休み(土・日)

★<ご注文確定メール>を7営業日以内にお送りいたします。
【送料、割引などを含む合計金額】はそちらでご確認ください。
★土・日曜日のメール返信はお休みとなります。


下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

アンティーク&ヴィンテージ

スウェーデンより北欧ヴィンテージ雑貨を扱うショップのご紹介。ジュエリー、テキスタイル、手芸中古書もあり。センスの良さは抜群です。秋田市に実店舗もあります。
http://www.antique-vintage.net

<姉妹店 マリリア>

ジョージ・ジェンセン、トロールビーズ、ロイヤルコペンハーゲンをはじめシンプルで感性の高い北欧デザインをご紹介しています。www.mariliadk.com

ページトップへ