2012年10月~12月

【きょうのクロスステッチ Vol. 165】 by 岡村恭子


VOL.165 たまにフレンチ、時々ジャーマン

torsdag den. 15 november 2012


夜が長くなって来ました。これから冬至までどんどん暗くなって行きます。
それでも、デンマークは北欧諸国の中では一番南に位置しているし、
コペンハーゲンに次ぐ第二の都市オーフスのあるユトランド半島は、
ドイツと国境を接している、れっきとしたヨーロッパ大陸の仲間です。
北ドイツに続く半島からちょこんと顔を出し、スカンジナビア半島
( スウェーデン、ノルウェー、フィンランド )に対峙しているのです。
北緯55℃で「暗い!」などと言ったら、北緯70℃のラップランドに
暮らす人々に叱られてしまいそうです。

そんなわけで、一言に北欧4カ国(アイスランド入れると5カ国)といっても
広範囲で、それぞれお国柄や言葉も異なります。
陸続きで他の国に簡単に行けるという立地からなのでしょうか?
デンマーク語は日常何気なく使っている言葉の中に発音が ドイツ語に
似ている言葉や、何故か?フランス語と同じ単語もあります。
ドイツ語は地理的にも納得しますが、フランス語というのは意外な感じです。

例えば秋に出回るキノコ、その中でも一般的なマッシュルームのことを、
“ マッシュルーム “ と言っても通じません。発音もスペルもフランス語と同じ
champignon=シャンピニオンです。多分南欧から普及して北上し、
デンマークにたどり着いたのでしょう。そのままシャンピニオンと名付けられて
現在に至っているようです。
それからもうひとつ良く使うモノでは雨傘があります。これも、
フランス語の paraplue がデンマークでは paraply と、スペルは少し異なるものの、
発音は両方ともパプリュです。雨傘はイギリスの専売特許的アイテムだし、
イギリス紳士を真似て英語でumbrellaとなっても良さそうなものを、
何故かフレンチ! バイキングの 末裔達に 傘という便利なものを
最初に教えたのが、たまたまお洒落なフランス人だったのかもしれません。
いずれも自国語に翻訳せず、そのままというところが細かい所にこだわらない、
大らかな国民性を反映しているような気がします。
海を隔てた隣国イギリスよりも、陸続きの国々との文化交流が
盛んに行われていいたという事実が、日常の言葉の中にも垣間見ることが
出来て面白いですね。

秋の夜長の夕食には 熱々のグラタンがピッタリです。
さあ、今夜もシャンピニオンをたっぷり入れて作りましょう!



岡村 恭子
http://copenhagensmile.weebly.com/


晩秋のクリスチャンスボー城(現、国会議事堂)

買い物の帰り道…きれいな夕焼け空に出会いました。

グラタンは寒い季節の定番メニュー。

Champignonと書いてシャンピニオンと読みます。

商品カテゴリ

■ おすすめ!

■ 【即日発送可】

■ 糸 /布 / 小物

■ 図案集 / 本

■ 刺繍キット / フレメ

■ 刺繍キット / デンマーク

■ 刺繍キット /スウェーデン

■ 刺繍キット/ ドイツ

■ 刺繍キット / イギリス

■ 毛糸

カレンダー
  • 今日
  • 発送休み
  • メール返信休み(土・日)

★<ご注文確定メール>を7営業日以内にお送りいたします。
【送料、割引などを含む合計金額】はそちらでご確認ください。
★土・日曜日のメール返信はお休みとなります。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

アンティーク&ヴィンテージ

スウェーデンより北欧ヴィンテージ雑貨を扱うショップのご紹介。ジュエリー、テキスタイル、手芸中古書もあり。センスの良さは抜群です。秋田市に実店舗もあります。
http://www.antique-vintage.net

<姉妹店 マリリア>

ジョージ・ジェンセン、トロールビーズ、ロイヤルコペンハーゲンをはじめシンプルで感性の高い北欧デザインをご紹介しています。www.mariliadk.com

ページトップへ