2009年4月~6月

【きょうのクロスステッチ Vol.4】 by 岡村恭子

VOL.4 私のハーブ考

雑誌にハーブの育て方が紹介されていました。

土はどうする、水はけはこうする、はたまた日当たりは?

植える間隔まで懇切丁寧に書いてあるのを読みながら、

「あら、そんなに大変かしら?」と、首を傾げました。

…私は放りっぱなしです。

芝生や花壇の植え込みの間からも出てくるオレガノを引き抜き、

引き抜きして、それでも逞しく増え続けている姿に、ハーブは

食べられる雑草だとつくづく感心しています。

最近よく耳にする“タンポポのサラダ”などが良い例かも知れません。

子供の頃から “綿帽子を飛ばして遊ぶ”雑草だと信じて疑わなかった

タンポポが食べられるなど思いもよらない事でしたが、

確かに伸びやかに育ったハッパは柔らかくて美味しそうです。

でも、やっぱり私には雑草としか見えない。

ルッコラの親戚みたいな味かしら?と想像するだけにとどめています。

毎年夏になるとシダのような葉に白い花を付ける雑草が一群。

ぐんぐん成長して、1メートル程になります。太い茎を折ると

ラクリスの香りがする…。植物図鑑を調べたら、スィートシスリーという

名のハーブと判明しました。茎を砂糖漬けにすると書いてあるけれど、

うう~ん、多分フキみたいな感じでしょうか?これも

想像だけして、口には入れず雑草扱いをしています。

小さな鉢植えのローズマリーを庭に植えたら、数年で大木となって

しまいました。針のようだったはずの葉が野太くなってしまい、

お料理に使う気になりません。も早これまで、と、根こそぎ始末しました。

また、小さな鉢植えから始めます。

チャイブはネギ坊主の花が楽しみなので、もっぱら観賞用だし、

シトロンメリッサはたまにサラダの色合いに使うくらい。

このように、あらためて庭のハーブをクローズアップしてみると、

お料理に活用しているものは案外少なくて、月桂樹の葉、タイム、パセリ。

以上が私の自家製ハーブベスト3というところでしょうか。

いずれも放りっぱなしでも元気に育ってくれています。

岡村 恭子

http://www.copenhagensmile.com

タイムの新芽がきれいです。

チャイブ(エゾネギ)、紫の花が今にも弾けそう。

月桂樹の葉はお料理に欠かせません。

商品カテゴリ

■ おすすめ!

■ 【即日発送可】

■ 糸 /布 / 小物

■ 図案集 / 本

■ 刺繍キット / フレメ

■ 刺繍キット / デンマーク

■ 刺繍キット /スウェーデン

■ 刺繍キット/ ドイツ

■ 刺繍キット / イギリス

■ 毛糸

カレンダー
  • 今日
  • 発送休み
  • メール返信休み(土・日)

★<ご注文確定メール>を7営業日以内にお送りいたします。
【送料、割引などを含む合計金額】はそちらでご確認ください。
★土・日曜日のメール返信はお休みとなります。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

アンティーク&ヴィンテージ

スウェーデンより北欧ヴィンテージ雑貨を扱うショップのご紹介。ジュエリー、テキスタイル、手芸中古書もあり。センスの良さは抜群です。秋田市に実店舗もあります。
http://www.antique-vintage.net

<姉妹店 マリリア>

ジョージ・ジェンセン、トロールビーズ、ロイヤルコペンハーゲンをはじめシンプルで感性の高い北欧デザインをご紹介しています。www.mariliadk.com

ページトップへ