2010年7月~9月

【きょうのクロスステッチ Vol. 61】 by 岡村恭子

VOL.61 秋のメンテナンス その2

torsdag den. 2 september2010


カレンダーをめくるたびに一喜一憂する北欧暮らし。
9月になった途端に気持ちもすっかり秋めいて来ました。
庭に出していた椅子やテーブルを地下に運び込むたびに、
夏の名残がひとつ、また ひとつ、と消えて行きます。
にわか雨が降ったり、突然の風が木の葉を大きく揺らしたり…
気まぐれお天気の合間を縫って、秋のメンテナンスは続きます。

先日は庭木の枝を剪定しました。まずは桜とプラムの木からです。
いずれもこの家が建った時に植えられて以来、毎年春に花を咲かせ、
夏には青葉のレースを描き、秋に落葉して長い冬を越す。
そうして静かに 年輪を刻んで74年。特に桜の木は我が家のシンボルツリーです。
樹齢何百年という銘桜に比べたらまだまだ若輩者とはいえ、改めて思えば
私よりもずっと長生きの先輩です。大事にしなくては、と思います。

今から20年前。それまでとはちょいと毛色の変わった人種がこの家に
住み始め、ほころび始めた桜の木の下で「ハナミダ!ハナミダ!」と
浮かれる姿に、一番驚いたのは多分他ならぬ桜の木だった事でしょう。
最初は面くらったかもしれないけれど植物だって生き物です。 注目されて
嬉しくないはずはない。花を咲かせる甲斐がある、と思ったかどうかは
分かりませんが、毎年きれいな花を咲かせてきました。
それが、今年は何となく木全体に元気が無いような気がしてなりません。
サクランボも不作でした。天候不順のせいかも知れないし、単なる気のせい
かも知れない。そうなら良いのだけれど…。
いつだったか、桜はむやみに剪定しないほうが良いと小耳に挟んで以来、
意識的にそっとしてきたのですが、たまには手入れが必要なのかも知れないね、と
いうことになり、今年は家人が梯子を持ち出して数年ぶりの枝払いです。
剪定したあとは見た目にも風通しが良くなりました。身軽になって元気を
とり戻してくれますように。そして、来春もお花見の様子をお知らせで
きますように、と願っています。
プラムの木も高齢化が進み、2本の太い幹が絡み合った所から樹液がにじみ出ています。大丈夫かしら?と思いますが、そのすぐそばから元気な枝が伸びている所を見ると
案外平気そうです。、あれこれと枝振りを見ながら剪定して、こじんまりと
させました。調子づいた家人はライラックも、松も、裏庭の植え込みも、と次々に
はさみを入れて行きます。
私もリンゴに日光が良く当たるよう邪魔な葉を落としたり、
切り落とされた枝を紐でくくり *「庭のゴミの日」用にまとめたり…。

気温20℃。湿度30%、初秋の日差しの中で気持ちよく汗をかきました。

家の外壁に絡まる蔦が色づくまであと少し。
秋本番がもうすぐそこまで来ています。

*庭のゴミの日 :デンマークでは庭から出る植物を回収、専用地に集積、寝かせて肥沃土にした後、
       再利用している。

岡村 恭子
http://www.copenhagensmile.com/


剪定中のプラムの木

一見もったいないようですが、虫食いはサヨウナラ、です。

お日様をたくさん浴びて色づいてきました。

商品カテゴリ

■ おすすめ!

■ 【即日発送可】

■ 糸 /布 / 小物

■ 図案集 / 本

■ 刺繍キット / フレメ

■ 刺繍キット / デンマーク

■ 刺繍キット /スウェーデン

■ 刺繍キット/ ドイツ

■ 刺繍キット / イギリス

■ 毛糸

カレンダー
  • 今日
  • 発送休み
  • メール返信休み(土・日)

★<ご注文確定メール>を7営業日以内にお送りいたします。
【送料、割引などを含む合計金額】はそちらでご確認ください。
★土・日曜日のメール返信はお休みとなります。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

アンティーク&ヴィンテージ

スウェーデンより北欧ヴィンテージ雑貨を扱うショップのご紹介。ジュエリー、テキスタイル、手芸中古書もあり。センスの良さは抜群です。秋田市に実店舗もあります。
http://www.antique-vintage.net

<姉妹店 マリリア>

ジョージ・ジェンセン、トロールビーズ、ロイヤルコペンハーゲンをはじめシンプルで感性の高い北欧デザインをご紹介しています。www.mariliadk.com

ページトップへ