きょうのクロスステッチ

【きょうのクロスステッチ Vol. 378】 by 岡村恭子

VOL.378 自転車推進都市 : コペンハーゲン
        只今、自転車が過剰気味?!

torsdag den. 16 marts 2017

朝から “ 春一番 “ が吹き荒れて庭木を揺らし、強風に煽られた
ライラックの木が、一本、幹の途中から真っ二つに折れてしまいました。
太い枝が真横になってレンガ塀越しに通りの方にはみ出しています。
通行人に迷惑がかかるといけない。切らなくては!
早速ノコギリを持って相変わらずの肉体労働ですが、
そうしている間も小鳥がさえずり、一瞬飛ばされてしまいそうな強い風にも
緩んだ温い空気を感じて。そんな、いちいちに春の到来を実感します。

そして、これからは自転車が大活躍するシーズンです。
コペンハーゲンは運河に囲まれたデルタ地帯で、どこまでも真っ平ら。
“ 坂 “ と呼べるような坂道など、どこを向いても見当たりません。
自転車先進都市の所以は、そんな地理的条件も大いに関係しています。
そんな “ 真っ平らな街 : コペンハーゲン “ から東京に行くと坂道が多いのに
改めて驚きます。ヒダのように連なる地理的段差が変化に富んだ街並を
形成しいるし、トントン…と下りた石段の下に思いがけない風景が
待っているような期待感がある。“ 坂道 “ は東京の魅力の一つだと
つくづく思います。
翻って、 “ 真っ平らなコペンハーゲン “ は公園に人工的な築山を作り、
階段やスロープを子供達が嬉々として登ったり降りたりしています。
ことほど左様に平らですから、春一番が吹き荒れた今日も今日とて、
人々は自転車を諦めない。向かい風に負けまいとペダルを踏む足に
力が入ります。

都市に暮らす人にとって自転車は日常欠かせない移動手段です。
子供の頃からマイバイクを使いこなし、成長に伴い少しずつ大きな
サイズの自転車に乗り換えてゆきます。
クリスチャニアバイクの通称で呼ばれている荷台付きの自転車に
子供を乗せている光景も日常的です。
自転車専用道路が完備しているから可能な移動手段だと思いますが、
エコで安上がりの自転車を更に普及させる為に政府レベルでの取り組みが
推進されて、ますます自転車人口は増加を辿り、ついにオランダを抜いて
一位になったと聞きました。しかし、気付くと手持ちの自転車が増えてしまう、
という事態にもなりかねない。身近な所で言えば、捨てるに捨てられず、
放置してある自転車が、我が家の地下にも5台ほどあります。
この調子だと、多分お隣りさんにも、その又お隣りさんの家にも不要になって
眠っている自転車が沢山有るような気がして来ました。
自転車リサイクルマーケットを開いたらどうだろう?と言ったら、
自転車を出す人はいても、それを欲しいという人がいるだろうか?という
話になりました。不要になった自転車対策、その妙案は無いものか?
只今考え中です。


岡村 恭子
http://copenhagensmile.weebly.com/












街角スナップから子供連れの自転車例をピックアップ。
赤い荷台がクリスチャニアバイクです。
ラッシュアワーはこの手の自転車も多く、おまけにみんな超ハイスピード!
ハンドルテクニックが必要です。



市街地の駐輪場はどこも満杯です。



セントポーリアの花をバスケットに盛り合わせて…。

商品カテゴリ

■ おすすめ!

■ 【即日発送可】

■ 糸 /布 / 小物

■ 図案集 / 本

■ 刺繍キット / フレメ

■ 刺繍キット / デンマーク

■ 刺繍キット /スウェーデン

■ 刺繍キット/ ドイツ

■ 刺繍キット / イギリス

■ 毛糸

カレンダー
  • 今日
  • 発送休み
  • メール返信休み(土・日)

★<ご注文確定メール>を7営業日以内にお送りいたします。
【送料、割引などを含む合計金額】はそちらでご確認ください。
★土・日曜日のメール返信はお休みとなります。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

アンティーク&ヴィンテージ

スウェーデンより北欧ヴィンテージ雑貨を扱うショップのご紹介。ジュエリー、テキスタイル、手芸中古書もあり。センスの良さは抜群です。秋田市に実店舗もあります。
http://www.antique-vintage.net

<姉妹店 マリリア>

ジョージ・ジェンセン、トロールビーズ、ロイヤルコペンハーゲンをはじめシンプルで感性の高い北欧デザインをご紹介しています。www.mariliadk.com

ページトップへ