2015年1月~3月

【きょうのクロスステッチ Vol. 277】 by 岡村恭子


VOL.277 図書館の役割

torsdag den. 19 februar 2015


先週末は騒然となったコペンハーゲンですが、その後単独犯と確定され、
背後関係もあまり無いということで、ひとまず安堵の胸をなで下ろしたと
いうところです。今日は久しぶりに青空が広がり、お陰で沈んでいた気持ちも
晴れやかになりました。
明るくなると急に気持ちが外に向いて来ます。
「読書の季節」から「庭仕事の季節」に変わるまでもう少しの辛抱です。

暗くて寒い北欧の冬を過ごすのに読書はもってこいの時間つぶしです。
外に出られない季節、暖かい部屋で温々としながら気の向くままに
ぺーじを開くのもそれはそれでなかなか良いものです。そんな事もあって、
日本に帰った時には本屋さんに行くのが大きな楽しみの一つとなりました。
新刊書の香りに包まれて背表紙を眺めるだけでも充分楽しい。そして、
ずらーっと並ぶ平積みの本を端から順に眺め、ようやく “ 本日の一冊 “ を
見つけた時の喜び。どの書店も専門書から雑誌まで充実の品揃えに感動します。
そして、トランクに詰め込み持ち帰った本は何度も読み返して楽しみます。
翻って、日本から来た友人をコペンハーゲンの本屋さんに案内すると
「これだけ?」とガッカリされます。無理も無いのです。
デンマークの書店に置いてあるのはハードカバーの専門書中心でおまけに高価です。
気軽なペーパーブックや雑誌類はKIOSKアイテム。店先のラックに角の折れた
バックナンバーがいつまでも挟まっているという感じです。
それじゃあ、デンマークの人は本を読まないのか?と言うとそうでもない。
みんな図書館を利用するのです。
この国では図書館がとても身近な存在です。そうそう教科書も使い回しです。
新学期が始まると子供達はまず配られた教科書にカバーをし、裏表紙に
差し込まれているカードに自分の名前を書き込みます。ちょうど、昔の図書館の
貸し出しカードの用です。大切に使わないとバレちゃいます!
授業でも頻繁に近所の図書館を利用します。先生と一緒に図書館に行くのは
ちょっと楽しいし、たくさんの本に囲まれる喜びを知ることもあるでしょう。
こうして「本は共有の財産」という考えが 子供の頃から育まれてゆくのだろうと
思います。

図書館では併設されたカフェの珈琲をテーブルに運び、のんびりと
新聞を広げている人もいれば、課題に関するミーティングをしてる学生もいます。
静かだけれど活気がある。壁際にはズラーッと検索用のPCが置かれていて自分で
検索して行けます。分からない事が有ればサービスカウンターの専門家が
アドバイスしてくれる。そんな人々の様子を見ていると
「本はみんなの共有財産」という考えが浸透していることが自然に伝わって来ます。


岡村 恭子
http://copenhagensmile.weebly.com/





久しぶりの青空に木々のシルエットが美しい。芽吹くまで少しの辛抱です。



通りかかった教会で古本市が開かれていました。



子供の絵本専門店には絵本が山積みです。







図書館の本返却コーナーと閲覧コーナーの風景。
みんなが上手に " 使いこなしている感 " が漂っていますね。

商品カテゴリ

■ おすすめ!

■ 【即日発送可】

■ 糸 /布 / 小物

■ 図案集 / 本

■ 刺繍キット / フレメ

■ 刺繍キット / デンマーク

■ 刺繍キット /スウェーデン

■ 刺繍キット/ ドイツ

■ 刺繍キット / イギリス

■ 毛糸

カレンダー
  • 今日
  • 発送休み
  • メール返信休み(土・日)

★<ご注文確定メール>を7営業日以内にお送りいたします。
【送料、割引などを含む合計金額】はそちらでご確認ください。
★土・日曜日のメール返信はお休みとなります。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

アンティーク&ヴィンテージ

スウェーデンより北欧ヴィンテージ雑貨を扱うショップのご紹介。ジュエリー、テキスタイル、手芸中古書もあり。センスの良さは抜群です。秋田市に実店舗もあります。
http://www.antique-vintage.net

<姉妹店 マリリア>

ジョージ・ジェンセン、トロールビーズ、ロイヤルコペンハーゲンをはじめシンプルで感性の高い北欧デザインをご紹介しています。www.mariliadk.com

ページトップへ