2009年5月

通り過ぎちゃった。。。

soendag den 31. maj 2009

Dyrehave(鹿公園)にお散歩に行こうと電車に乗り
Klampenborg駅のサインが見えたので降りる準備をしていたら
通り過ぎてしまった。。。

乗っていたのはS-tog(ローカル路線)ではなく、
Helsingoer(ヘルシンガー)行きのインターシティ。
このまま終点まで行って観光しようか!と冗談を言って
いたのですが、なかなか次の駅に停まらない。。。
内心これで乗車券のチェックに来たら、罰金¥15000。。。
2人で¥30000。。。電車間違えちゃったんだからって
どう言い訳しようかと冷や冷や。

デンマークはバス、S-tog、地下鉄のチケットは共通で
料金はゾーン制。目的地まで何ゾーンあるかによって料金が
決まるシステムです。

ゾーンごとに回数券があり、かなり割安になるのでそれを
利用しているのですが、駅にある刻印機が曲者。。。
壊れていることが多かったり、回数券が折れちゃったりしてると
入らない。。。時間がない時などあせって大変。

駅に改札が無いことも不思議ですが、年々値上がりする罰金。
運悪くゾーンを見間違えてしまっても検閲がきたら罰金は取られます。

と着いたのはRungsted Kyst駅。ここには大きなヨットハーバーが
あるので、今日はここをお散歩することに!
夏の到来かと思うような日差しの中、ハーバー沿いに並ぶ
カフェはたくさんの人で賑わい、浅瀬のビーチには子供たちが
大喜びで走り回っています。
今カメラが故障中なので、写真を撮れなかったのが残念。

帰り道、たまにはこんなハプニングも楽しいねと話していると
かすかに聞こえる金属音!?
もしかしたら電車が来ているかも!と言った瞬間ダッシュ!
だってこれ逃したらあと20分待つんだもの。。。

遠くの車掌さんに待ってくれ!と手をあげ急いで刻印機に!
でもゾーンが分からない。仕様がないので一番高いAll Zoneを
使い、車掌さんにOKと手をあげると車掌さんもにこやかにOKマーク。
デンマーク人のこういう気さくな部分が私は好きなのですが、
デンマークの電車がいつも遅れるのはこういう理由だったのですね(笑)


コペンハーゲンカーニバル

loerdag den 30. mag 2009

毎年恒例のカーニバルが昨日から始まりました。昨日はストロイエを子供たちがパレード。そして今日は大人たちのパレード。今年は最後に踊っていた女の子以外あまり可愛い子いなかったな。。。着物着て、顔を真っ白に塗って、カツラ?つけて扇子持って踊っていたグループもいましたが。。。

写真を撮っていたら、サルサの仲間は踊っているし、エクアドル共和国のグループには学校の仲間が踊っていました!そして毎年楽しみにしているゲイのお姉さんもみんなの写真撮影に笑顔で応えていました!

カンヌ映画祭

fredag den 29. maj 2009

カンヌ映画祭でその衝撃シーンが話題となったデンマークの鬼才ラース・フォン・トリアー監督の新作「Antichrist」。映像・音楽の美しさ、ウィレム・デフォーとシャルロット・ゲンズブール(主演女優賞受賞!)の名演に賞賛の声がある一方、その暴力や性の表現をめぐっては賛否両論。見た感想は、他の人も言っているように「誰にでも薦められる作品」ではなかったですが、60、70歳代のデンマーク人が「素晴らしい傑作」という声を多数寄せているのには驚きました。ストリンドベルイ/イングマール・ベルイマン(スウェーデンの劇作家/映画監督)の作品に言及する人もいて、人間のディープな部分が描き出されることに北欧の人は慣れているのかもしれません。テロップでは「アンドレイ・タルコフスキー監督に捧げる」となっていましたので、その辺りの作品が好きな方にはお薦めです。25日現在、日本では公開未定です。

た、映画祭のクロージング作品となった映画「ココ・シャネルとイーゴリ・ストラヴィンスキー」でストラヴィンスキー役を好演したMads Mikkelsenもデンマークを代表する俳優。90年代、ラース・フォン・トリアー監督などによりデンマーク映画界全体が盛り上がり、ストーリーや俳優の演技を重視する撮影技法が提唱されました。そこで鍛えられた俳優たちが活躍の舞台を世界に広げているようです。(T.I)

カンヌで。ウィレム・デフォーとラース・フォン・トリアー監督、主演女優賞を受賞したシャルロット・ゲンズブール

「ココ・シャネルとイーゴリ・ストラヴィンスキー」

寄り道

onsdag den 27. maj 2009

学校帰りにちょっと違う道を通ったら、満開のモンタナを見つけました。そのお隣の玄関にはクレマチスが満開に!!!アパートの間にソーラーシステムがついているなんて面白い!と見ればその下にちょんと鳥の巣がありました。

ちょっと嬉しい気分で自転車を走らせていると、こんどはオレンジの花が満開になっているのを発見。なんだかいつもと違う光景を見つけ、小学校の帰りに寄道し、ワクワクしながら帰ったことを懐かしく思い出しました。

さすがバイキング!

tirsdag den 26. maj 2009

先週の木曜日は祭日だったデンマーク。お散歩帰りにKongens Haveを通るとバグパイプの独特の音色が聞こえてきました。スコットランド人かと思えば、キルトに身を包んだデンマーク人!審査員の人がいたのできっとコンテストだったのでしょうね。

夏が来るのが待ち切れず、早々と夏服に衣替えしていた私ですが、毎年その時期が遅くなるようない気がします。もう若くない!ということでしょうか?(笑)。。。この日は結構肌寒かったのですが、公園の片隅にビキニ軍団を発見しました。道の両側にずらっと!ちょっと笑っちゃいました。

コペンハーゲンマラソン 日本人が優勝!

soendag den 24. maj 2009

日曜日、あいにくの天気の中でしたが、恒例のコペンハーゲンマラソンが開催されました。

10744人参加者中、2時間18分04秒で日本のToyokazu Yoshimura(吉村豊和)さんが

優勝されました。おめでとうございます。

過去5年で参加者が2倍になったというコペンハーゲンマラソンは、女性の参加者や各国からの参加者が増えて大盛況です。(T.I)

私の庭!

loerdag den 23. maj 2009

またBotanisk have(植物園)に行ってきました。通りすがりに藤の花が咲いているのを発見し、見に行った先週末。見渡せば1ヵ月前と違って、たくさんの花が咲き乱れとってもカラフルになっていました。

来週はもっと鮮やかになることだろうから、大きなカメラを持ってこようと楽しみにしていたら、週半ばに大雨が降ってしまい(さすがの私も凄まじい雷の音と光で起きたくらい!)、散ってしまった花も多くちょっと残念。でも自然だから仕様がないですね。。。

植物園は街中にあるので、この時期は格好のお散歩場所。日のあたるベンチはどこもいっぱいです。藤の花のところでもふと見ると本を読んでいる男性が!なんだかとても素敵で(男性じゃないですよ!)絵を見ているようでした。

ようこそ!

fredag den 22. maj 2009

今、叔母(姉妹店マリリアオーナーTBの妹)が3年ぶりにデンマークに来ています。それで今日は勝手にWelcome Partyと決め、みんなで手巻き寿司Partyをしました。

というのも何故か今までにチャンスがなくTBも一度も家に来たことがないのです。。。なので下の叔母が一緒なら来るだろう!と勝手に日にちを決めて誘ったのです。

今日は夕方から雨が降ったりして、ちょっと薄暗く、食事の途中、キッチンのライトをつけるか、キャンドルをつけるか迷ってしまいました。デンマークに来た時は、なんでこんなにすべてが暗いのかと思いイライラしましたが、今はキャンドルの灯りがとてもHygge(心地よい、くつろぐかな?デンマーク人は英語には訳せないといいますが)なのです。なので最近は日本に帰ると蛍光灯の灯りにんクラクラします。。。食欲はどっちの方がわくかという話になったのですが、みなさんどう思いますか?

また向いの家がまる見えなのにもビックリしていました。うちにはカーテンがないので、お互い何をしているか全部丸見え!。でも大概は新しく引っ越してきた向いの家がカーテンをしてくれます(笑)

叔母が家を見て感じたことを聞いていると、自分も最初はそう思ったな!とその頃のことを思い出すのでした。

工芸博物館

onsdag den 20. maj 2009

美術学校で教鞭をとっているデンマーク人の友達と会う時はだいたい美術館です。昨日は久しぶりに工芸博物館へ。

前回は有名どころの椅子に見とれるばかりでしたが、今回はテキスタイルや陶磁器などもゆっくりと見てきました。

Clara eaver や エヴァのクロスステッチも少しですが展示されていました。Stramaj(キャンバス地にする刺繍)、ヘデボなどのホワイトワーク、民族衣装を飾る襟などなど。その他、世界各国のテキスタイルやアール・ヌーヴォーのコレクションなども見ごたえあります。(T.I)

デンマーク工芸博物館 http://www.kunstindustrimuseet.dk

2階にあるヨーロッパ陶器のコレクションにロイヤルコペンハーゲンのニードルケースを発見!

「どこかで見たような?」と思ったこれはフレメでモチーフにもなっているデンマークの有名なアーティストThorvald Bindesboell(1846-1908)の作品。デコラティブ・アートの先駆者として、1900年のパリ万博などでもデンマークセクションを担当し、様々な分野で活躍しました。100年も前の作品とは思えません・・・。

第54回ユーロビジョン・ソング・コンテスト ノルウェー 優勝

tirsdag den 19. maj 2009

16日に欧州放送連合の加盟国が参加するユーロビジョン・ソング・コンテストのファイナルでノルウェーが優勝しました。2位はアイスランド。スウェーデンは過去4回優勝(1974年はABBA)、ノルウェーは今回で3回目、デンマークも過去2回優勝しており、北欧では毎年盛り上がります。今回も参加42カ国中、ファイナルまで残った25カ国中に北欧5カ国はすべて残り、健闘しました。デンマークは残念ながら、13位。結構いい曲だったので残念です。以下で聴いてみてください。

優勝したノルウェーのAlexander Rybakは白ロシア出身、4歳からノルウェーで暮らしています。作詞作曲をてがけた優勝曲「Fairytale」はノルウェーの山の上でヴァイオリンをひいていて、浮かんだメロディーだとか・・・。バックでは跳んだり、はねたりするノルウェーの民族舞踊ハリングも見ごたえあります。この伝統の踊りは中世までさかのぼれる古いものだそうで、グリーグも曲を作っています。(T.I)

ノルウェー

http://www.youtube.com/watch?v=uiH4BFTELME 

デンマーク

http://www.youtube.com/watch?v=XTQG1j3aHGk

アイスランド

http://www.youtube.com/watch?v=YDl4wlB75Nc

商品カテゴリ

■ おすすめ!

■ 【即日発送可】

■ 糸 /布 / 小物

■ 図案集 / 本

■ 刺繍キット / フレメ

■ 刺繍キット / デンマーク

■ 刺繍キット /スウェーデン

■ 刺繍キット/ ドイツ

■ 刺繍キット / イギリス

■ 毛糸

カレンダー
  • 今日
  • 発送休み
  • メール返信休み(土・日)

★<ご注文確定メール>を7営業日以内にお送りいたします。
【送料、割引などを含む合計金額】はそちらでご確認ください。
★土・日曜日のメール返信はお休みとなります。


9月15日(日)~29日(日)
上記期間中はメール返信、一部受注返信などをお休みさせて頂きます。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

アンティーク&ヴィンテージ

スウェーデンより北欧ヴィンテージ雑貨を扱うショップのご紹介。ジュエリー、テキスタイル、手芸中古書もあり。センスの良さは抜群です。秋田市に実店舗もあります。
http://www.antique-vintage.net

<姉妹店 マリリア>

ジョージ・ジェンセン、トロールビーズ、ロイヤルコペンハーゲンをはじめシンプルで感性の高い北欧デザインをご紹介しています。www.mariliadk.com

ページトップへ