2012刺繍三昧の旅

刺繍三昧の旅(K.K) - スウェーデンヘムスロイド100周年 Vol.3

Summer 2012


●Väv
Nordiska Museet Stockholm

ここではスウェーデン伝統の織りを見ることができます。
テキスタイルを学ぶ若い人達の作品を数多く見ることができ、
実際に織りのデモンストレーションもあり、民族衣装を着た人が織っています。
織りの古いサンプルや図案が展示されていました。

ここの博物館はスウェーデン国民の生活様式が時代順に展示されています。
興味深かったのはスウェーデンのSamer(サーメ人)の生活の展示で、Joikがバックに流れ、北の地に生きる人々の生活様子が良くわかりました。
しっかり見学するのであれば時間が必要でしょう。
館内のレストランでお茶をしました。











○寄り道

Stockholm 市内にSVENSK SLÖJD AB と SVENSK HEMSLÖJD があります。
いずれもSergels Torgから歩いて10分くらいの所にあります。
手工芸品を中心に扱っています。

○少し遠出

Stockholmから電車で約50分のところにSrängnäsと言う人口3万人の小さな街があります。
Mälaren湖のほとりに位置して、森、風車、教会があり、古い街並みがとても素敵な街です。
スウェーデンで最も古い家としてNordiska Museetでも写真と模型が展示されていましたが、
赤い壁に白い窓枠の家々が保存されている場所があります。
白樺と松と樅の木の森の入口からは街を一望することができます。
ここの街に住んでみたい。短い時間でしたがそう感じさせられる一時でした。




 

最後に、開館時間を事前に確認してから行くことをお薦めします。
夏でも朝晩は冷え込む時がありますので、上着は忘れずに持参したほうが良いでしょう。



ルバーブです。
赤い長い茎の部分をジャムやパイのフィリングに使います。

刺繍三昧の旅(K.K) - スウェーデンヘムスロイド100周年 Vol.2

Summer 2012


●Lilli och Prinsen – en vandring i Lilli Zickermans fotspår 
Prins Eugens Waldemarsudde Stockholm

スウェーデン手工芸協会を設立したLilli Zickermanの足跡を巡ることができます。
残念ながらこの会場は写真撮影禁止でしたので、展覧会の様子をお見せすることはできません。
テキスタイル中心に、数々の大作を見ることができます。
また、広大な敷地は、彫刻と草花が海と溶け込みとても開放的な庭園でした。
スウェーデン王子Prins Eugenの邸宅は当時の家具や調度品がそのまま残され、季節の花が各部屋に飾られています。
王子の絵画のコレクションと自ら書いた絵画も飾られています。
ショップではポスターに使われた鳥のウール刺繍のキットが販売されていました。










○寄り道

Prins Eugens Waldemarsuddeから自然の中を20分くらい歩くとRosendals Trädgärd Kafe に着きます。
温室を利用したカフェで、ガーデンで収穫した野菜を食べることができます。
ランチは、野菜と豆のサラダ、パンを外のテラスで食べました。

そこからまたガーデンの中を20分くらい歩くと、Skansenに着きます。
野外博物館ですが、時間の関係上今回はSkansen Butikenのみ。
入口の隣にあります。
ここは是非お薦めです。
伝統工芸品やオリジナルアイテムからお菓子まで揃うミュージアムショップです。



刺繍三昧の旅(K.K) - スウェーデンヘムスロイド100周年 Vol.1

Summer 2012


スウェーデン手工芸協会は手工芸の発展と保存のために様々な活動やブティック経営を行ってきました。
それが設立されて100周年になる今年は、スウェーデン各地で様々な展覧会やワークショップが行われています。
もうすでに行かれた方も多いと思います。
今回はストックホルムで開催されている3つの会場の様子をお伝えします。

Stockholm中央駅は繁華街の西側にあります。
徒歩数分で、8万個のガラスを組み合わせて造られた塔と噴水があるSergels Torg に着きます。
そこから、今回訪れた新緑のDjurgardenの3つの会場へはトラム(路面電車)で行くことができます。
晴天の時には景色を楽しみながら歩いて行くのも良いと思いますが、一番奥にあるWaldemarsudde まではかなりの距離になると思います。




●Hemslojden pa Liljevalchs
 Liljevalchs Stockholm

スウェーデン全土から一般公募された2000個の葉っぱが展示されています。
まず、驚いたのはその一つの葉っぱの大きさです。
想像していたよりかなり大きなものでした。
個人や、学生がクラス全員で制作したものまで参加した人たちも様々。
KuNeruAsobuでも紹介されましたが、手法もオリジナリティな作品ばかり。
刺繍、織り、フエルト、紙、木工、金属に至るまで、さすが、自由な発想のスウェーデン人ならではのことです。
木の幹に見立てたポールに飾られた葉っぱが通路や壁にいっぱい、そして次の部屋へと続いています。
ユーモアたっぷりの作品に笑い、可愛らしさに頬笑み、細かい作業に見入ります。
余りの多さと、上を見上げるのに疲れつつも、時間を忘れる程でした。
その他、Dalarna地方のウールや手工芸一般の展示がありました。
ショップでは、ステッチハウスさんのワークショップ講師であるEvaさんの刺繍のベルトの絵葉書も販売されていました。
100周年記念の商品などもあります。


















デンマーク刺繍三昧の旅(K.K.) Vol.1

loedag den 6. august 2011


6月にK.K.さんが東京からいらっしゃいました。
刺繍三昧という至福の時を過ごされた1週間!
とてもアクティブに美術館巡りをされていたので、デンマークに行ってみたい!と
思っているステッチハウスのみなさんの参考になるのではと旅行記をお願いしたら
快く引き受けてくださいました。ありがとうございます。
今日からK.K.さんの「デンマーク刺繍三昧の旅」をご紹介します。
皆さんきっとデンマークに飛んで行きたくなっちゃいますね!

---------------------------------------------------------------------------------------------

デンマーク刺繍三昧の旅

一週間という短い滞在予定の中、デンマーク・コペンハーゲン近郊の刺繍が
多く展示されているミュージアムへ行ってきました。
もうすぐミッドサマーというのに夕方は長袖の上着が必要で、街中ではブーツを履き、
革製やキルティングの上着を着ている人も見かけました。
日没は午後10時半ごろ、そしてもう午前3時半には空が白みかけてきます。
今回の旅行の目的はいろいろな刺繍を見ること。
それらの刺繍が生活の中でどのように育まれ、取り入れられ、そして後世に
受け継がれてきたのかをこの目で見て、土地の人々や風土や習慣と密接に
結びついていることを感じ取りたかったからです。


6月18日(土) デンマーク着

6月19日(日) Greve Museum
            Køge Museum
        
6月20日(月) 公共施設は休館日(市内ショッピング)

6月21日(火) Nationalmuseet
          Design Museum Denmark

6月22日(水) Amagermuseet

6月23日(木) Jyllinge Museum(Fjordcenter Jyllinge - Museum og lokalhistorisk arkiv)
          Roskilde Museum

6月24日(金) 帰国


*********************************************************************

★☆ Greve Museum ★☆

コペンハーゲン中央駅から電車とバスを乗り継いで1時間30分。
のどかな田園風景が続く静かな場所でバスを降ります。

1826年に建てられた茅葺屋根の黄色い農家がGreve Museumです。

日本で最初にそこを知ったのは今から14年前のこと。
㈱パッチワーク通信社の『パッチワーク通信』で北欧のパッチワークを
特集した時にAmagermuseetとともに紹介されました。
その時はHedeboという言葉にまったく興味がなく、その記事のことも忘れていましたが、
ここ数年白糸刺繍に感心を持ち、何かのきっかけで思い出したのでした。

ステッチハウスさんでも何冊かここの本が紹介されましたが、
まさしくHedebosyningの宝庫。
ここの所蔵はなんと400枚。
すべてが展示されているのではありませんが、いろいろな技法の白糸刺繍、
クロスステッチ、ウール刺繍、民族衣装の帽子に施された刺繍などが多数見られます。
また、この地域の昔の暮らしを再現した建物があり、身近に手仕事の数々を
見ることができます。
(K.K.)











Greve Museum
http://www.grevemuseum.dk/



続きはまた明日!

デンマーク刺繍三昧の旅(K.K.) Vol.2

soendag den 7. august 2011


昨日に引き続き、K.K.さんのデンマーク刺繍三昧の旅をご紹介します!
今日はKoegeにトリップ!です。

---------------------------------------------------------------------------------------------

デンマーク刺繍三昧の旅

6月18日(土) デンマーク着

6月19日(日) Greve Museum
            Køge Museum
        
6月20日(月) 公共施設は休館日(市内ショッピング)

6月21日(火) Nationalmuseet
          Design Museum Denmark

6月22日(水) Amagermuseet

6月23日(木) Jyllinge Museum(Fjordcenter Jyllinge - Museum og lokalhistorisk arkiv)
          Roskilde Museum

6月24日(金) 帰国

*********************************************************************

★☆ Køge Museum ★☆

Greve Museumからバスと電車でおよそ1時間。
開館が13時からなので午前中は他のミュージアムを見ることができます。

徒歩で商店街を進むとすぐに赤茶色の建物が目に付きます。

きしきしと軋む階段を上がると左右2つの部屋があります。
左側は刺繍で右側は18世紀から19世紀にかけての服や帽子の展示になっています。

照明を落として展示されていますが、なおかつセンサーで人が察知されないと自動的に
ライトが消えてしまいます。
見入ってしまい、何度部屋が暗くなってしまったことか。
ここの収蔵Hedeboは400枚以上ですが、展示されているのは30枚ほど。
小物、手袋、洋服の襟、サンプラー、教習布からハウスリネンにいたるまで幅広く、
いろいろな技法による刺繍を見ることができます。
色あせたクロスステッチのサンプラーも味わい深いものでした。

ここも地域の昔の生活を再現した部屋がいくつもあります。
また、子供たちの課外活動の場となっているのか、私が訪れたときは合唱の練習をしていました。
特別展示や講習会なども行われていて、地域に根付いた場所として宿泊施設もあるようです。
(K.K.)













Køge Museum
http://www.koegemuseum.dk/


続きはまた明日!

デンマーク刺繍三昧の旅(K.K.) Vol.3

mandag den 8. august 2011


さてK.K.さんの「デンマーク刺繍三昧の旅」、
今日はコペンハーゲンの街中にトリップ!です。

---------------------------------------------------------------------------------------------

デンマーク刺繍三昧の旅

6月18日(土) デンマーク着

6月19日(日) Greve Museum
           Koge Museum
        
6月20日(月) 公共施設は休館日(市内ショッピング)

6月21日(火) Nationalmuseet
         Design Museum Denmark

6月22日(水) Amagermuseet

6月23日(木) Jyllinge Museum(Fjordcenter Jyllinge - Museum og lokalhistorisk arkiv)
          Roskilde Museum

6月24日(金) 帰国

*********************************************************************

★☆ Nationalmuseet ★☆

コペンハーゲン中央駅から徒歩およそ7~8分。
便利なところにあるミュージアムです。

デンマーク最大のコレクションを誇るミュージアムだけあって時間を多めにとって
見学するのも良いでしょう。
ここは刺繍だけの展示は少ないものの、帽子に施されたいろいろな刺繍は見事でした。
昔の生活の中での手工芸品の使われ方、道具などはたっぷりと見ることができます。
ミュージアムショップはとても充実していて、小物や本が多数あります。
なぜかムーミンの絵本の日本語版がありました。








Nationalmuseet
http://www.natmus.dk/


★☆ Design Museum Denmark ★☆

Nationalmuseetから徒歩20分。
ニューハウンの喧騒から離れた静かな場所にあります。
デンマークデザインを中心に家具や陶器、日用品などさまざまなものが展示されています。
中庭の周りをぐるっと囲むように展示場所があり、その一角にお目当ての部屋があります。

たくさんの引き出しの中にはいろいろな技法の白糸刺繍をはじめ、ボビンレース、
フィレレース、クロスステッチや昔の手織物など、貴重なテキスタイルがぎっしり。
引き出しを開けるたびに次はどのような宝物が出てくるのか、期待でわくわくした気分になります。
ここのミュージアムショップやカフェはお薦めです。
ランチやケーキを静かな中庭の木陰でのんびり食べるのも、
落ちついて時間が止まっているような感覚になるほど良いものでした。
(K.K.)










Design Museum Denmark
http://designmuseum.dk/



続きはまた明日!

デンマーク刺繍三昧の旅(K.K.) Vol.4

tirsdag den 9. augutst 2011


「デンマーク刺繍三昧の旅」も残り2日となりました。
今日は「きょうのクロスステッチ」の岡村恭子さんが住んでいる
アマーにトリップ!です。

---------------------------------------------------------------------------------------------

デンマーク刺繍三昧の旅

6月18日(土) デンマーク着

6月19日(日) Greve Museum
           Koge Museum
        
6月20日(月) 公共施設は休館日(市内ショッピング)

6月21日(火) Nationalmuseet
          Design Museum Denmark

6月22日(水) Amagermuseet

6月23日(木) Jyllinge Museum(Fjordcenter Jyllinge - Museum og lokalhistorisk arkiv)
          Roskilde Museum

6月24日(金) 帰国

*********************************************************************

★☆ Amagermuseet ★☆

コペンハーゲン中央駅から電車とバスでおよそ40分。
デンマークKastrup空港に隣接していて、飛行機の離着陸が見えます。
ここでは18世紀にオランダから移民してきた人々によって作られた数々の民族衣装に施された
独特な刺繍を見ることができます。

1782年に建てられた農家をミュージアムとして使い、私が訪れた時は昔の暮らしを再現した
建物では実際に家畜が飼育され、その様子を小さな子供たちが見学にきていました。

ここの刺繍の特徴は、鮮やかな色彩の花々が細かい針目で民族衣装の襟、袖口、スカートの飾り、
スカーフ、帽子にまで施されていることです。
ゴールドやシルバーなどの光る素材や、スパンコール、ビーズなどが色鮮やかに組み合わされ、
独特の雰囲気を出しています。
男性用の衣装の胸元や袖口にも多く刺繍が見られますが、女性の衣装よりは控えめな色と
デザインになっています。

また、敷地内に菜園があり、季節の花、ハーブなどが栽培され、馬やあひるなどの家畜も
飼育されています。
カフェやショップもあり、半日ゆっくりと過ごすのには良いかと思います。














Amagermuseet
http://www.museumamager.dk/



続きはまた明日!

デンマーク刺繍三昧の旅(K.K.) Vol.5

onsdag den 10. august 2011


今日は世界遺産のロスキレ大聖堂がある街にトリップ!です。

---------------------------------------------------------------------------------------------

デンマーク刺繍三昧の旅

6月18日(土) デンマーク着

6月19日(日) Greve Museum
           Koge Museum
        
6月20日(月) 公共施設は休館日(市内ショッピング)

6月21日(火) Nationalmuseet
          Design Museum Denmark

6月22日(水) Amagermuseet

6月23日(木) Jyllinge Museum(Fjordcenter Jyllinge - Museum og lokalhistorisk arkiv)
          Roskilde Museum

6月24日(金) 帰国

*********************************************************************

★☆ Jyllinge Museum(Fjordcenter Jyllinge - Museum og lokalhistorisk arkiv) ★☆

コペンハーゲン中央駅から1時間。
駅近くの大きなガーデニングショップが気になりつつも、乗ったバスは空いている道を
どんどん飛ばして行ってしまいます。
バスを降りてからなだらかな坂道を海辺の方へ下って行きます。
きれいなクリーム色の家々と木々の緑の鮮やかなコントラストがとても眩しい。
ミュージアムの裏側は海で、夏休み前の課外授業なのか小学生達が膝まで海に浸かり、
網で磯辺の生き物を捕まえています。
そのずっと先にはヨットハーバーが見えます。

ここのミュージアムはRoskilde Museumの分室になっているのか、
刺繍の数は少ないものの、刺繍をする前の手書きのデザイン画がとても興味深い。
また当時の刺繍をしている写真などもめずらしい。
ここの蔵書は数が多く、今では貴重となった刺繍関係の資料が多くありました。









Jyllinge Museum
http://www.roskildemuseum.dk/dit-bes%C3%B8g/skoletjenesten/fjordcenter-jyllinge.aspx



★☆ Roskilde Museum ★☆

Jyllinge Museumよりバスと徒歩でおよそ40分。
そこはデンマーク歴代の王族が眠るRoskilde Cathedralから少し横に入ったところにあります。
チケット売り場の男性がとにかく話好き。一つ何かを聞いても懇切丁寧に教えてくれます。
愛嬌のある顔立ちでとても親しみやすい。

ここの収蔵Hedeboは400枚以上ですが、もちろん一部しか展示されていません。
いろいろな技法のHedeboが引き出しを開けるたびに出てきます。
その隣の引き出しの中にはデンマークのウール刺繍が入っています。
ライトが反射して写真が上手に撮れないのがとても残念です。

帽子に施された刺繍がとても立体的で、ゴールドやシルバーを中心とした配色がとても
豪華な感じがします。
どれ一つを取ってもギャザーを寄せる部分を計算してデザインされています。
そして刺繍をする前の手書きのデザイン画と花弁一枚ずつのたくさんの型紙、
装飾に使われる金属やスパンコールのサンプルまでが一目で解るように展示してあります。
計算された作業工程に思わずためいきが出てしまいます。









Roskilde Museum
http://www.roskildemuseum.dk/

続きは金曜日です!お楽しみに。

デンマーク刺繍三昧の旅(K.K.) Vol.6

friddag den 12. august 2011


K.K.さんの「デンマーク刺繍三昧の旅」も最終日となりました。素敵な旅行記をありがとうございました!
いつかステッチハウスでこんな企画が出来たらいいですね!

---------------------------------------------------------------------------------------------

デンマーク刺繍三昧の旅

6月18日(土) デンマーク着

6月19日(日) Greve Museum
           Koge Museum
        
6月20日(月) 公共施設は休館日(市内ショッピング)

6月21日(火) Nationalmuseet
          Design Museum Denmark

6月22日(水) Amagermuseet

6月23日(木) Jyllinge Museum(Fjordcenter Jyllinge - Museum og lokalhistorisk arkiv)
          Roskilde Museum

6月24日(金) 帰国

*********************************************************************


そして最後に。

たくさん歩いた6日間でした。
道に迷ったり、電車を乗り間違えたり、
目前でバスが行ってしまったおかげで、思いがけず田園の中を散歩をすることができたりと、珍道中でした。
でもそれが気ままな一人旅の良いところです。
そんなハプニングも受け入れて楽しむことができました。

月曜日、ミュージアム休館日のため市内散歩で立ち寄った手芸用品店『SOMMERFUGLEN』、
生地店の『GRØNLYKKE』では宝探し気分が味わえます。
そして何と言ってもステッチハウス姉妹店の『Marilia』さん。
心強くて日本人がほっとできる、こだわりの品が揃うセレクトショップです。

ランチはニューハウンのレストランも良いけれど、このシーズンはどこも人で溢れていてすぐに満席になります。
私は静かに食べることができるPost-og TelegrafmuseetのCafé Hovedtelegrafenへ。
デンマークデザインの家具に囲まれ、5階から市内を見渡せます。
一口食べてしまってから(失礼!)慌てて写真を撮りました。

夜は5時~6時にはお店はほとんど閉まってしまいますので、まだ遊び足りない方はチボリ公園はいかがでしょうか。

季節によってそれぞれのミュージアムの開館時間が異なります。
また、電車は定刻通りには動かないこともよくありますので時間に余裕をもっての行動をお薦めします。
(K.K.)



Sommerfuglen
www.sommerfuglen.dk

Grønlykke
www.gronlykke.com

Marilia
www.mariliadk.com

Café Hovedtelegrafen
www.cafehovedtelegrafen.dk

デンマーク刺繍三昧の旅 (番外編)

lordag den 13, august 2011


今週ご紹介した「デンマーク刺繍三昧の旅」、楽しかったですね。
私もまだ行ったことがない美術館がいくつかあるので
秋になったら行ってみようと思います。

さてご紹介が一年も遅れてしまったのですが、昨年K.K.さんと一緒に
フュン島にある<HF Lojtved>と<Egeskov>に行ってきました。
番外編として皆さんの「デンマーク刺繍三昧の旅」に加えてくださいね!

コペンハーゲン中央駅から電車で約1時間15分。
アンデルセンの生家があるオーデンセで乗り換えのため待つこと30分、
そこから約30分電車に揺られるとStenstrupe駅に到着。

青空が広がるなか、駅からゆっくり歩くこと約20分。
途中青空市場を発見!金庫が置いてありお金を入れるようになってます!
美味しいだろうなあ~と心が揺れましたが重たくなるので断念。
そして教会では結婚式!二人は今でも仲良くしているでしょうか(笑)

先に進むと看板を発見!この黄色のお家がそうなのね!とのぞいたのですが
どうも違ったよう。。。ここを左に曲がり並木道を進むとお馬さんを発見!
可愛いーと近づくと、自転車に乗った来た女性(店の娘さんだった)が
「気をつけて!」と声をかけてくれたのですがちょっと遅かったです。
ビリっときちゃいました(笑)

中に入ると!すごーーーーーーーい!素敵な作品がいっぱい!
お店の方もとても親切でたくさんのお話を聞くことが出来ました。
ステッチハウスもいつかこんなギャラリーをコペンハーゲンに!
と夢は大きく膨らむのでした(笑)

そこから車で約15分、<Egeskov>に到着です。
まずはカフェで遅いランチ!
お城の中には刺繍やレースなども少し展示されていました。
窓に向かって階段があるので??と思ってあがると
パンフレットの表紙に使われていた素晴らしい景観が広がりました。

日帰りも可能ですが、オーデンセやスベンボーに一泊してフュン島を
楽しむのも良いかもしれませんよ!


HF Lojtved
www.loejtved.dk

Egeskov
www.egeskov.dk

商品カテゴリ

■ おすすめ!

■ 【即日発送可】

■ 糸 /布 / 小物

■ 図案集 / 本

■ 刺繍キット / フレメ

■ 刺繍キット / デンマーク

■ 刺繍キット /スウェーデン

■ 刺繍キット/ ドイツ

■ 刺繍キット / イギリス

■ 毛糸

カレンダー
  • 今日
  • 発送休み
  • メール返信休み(土・日)

★<ご注文確定メール>を7営業日以内にお送りいたします。
【送料、割引などを含む合計金額】はそちらでご確認ください。
★土・日曜日のメール返信はお休みとなります。


9月17日(日)~9月27日(水)
上記期間中はメール返信、受注返信などをお休みさせて頂きます。



下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

アンティーク&ヴィンテージ

スウェーデンより北欧ヴィンテージ雑貨を扱うショップのご紹介。ジュエリー、テキスタイル、手芸中古書もあり。センスの良さは抜群です。秋田市に実店舗もあります。
http://www.antique-vintage.net

<姉妹店 マリリア>

ジョージ・ジェンセン、トロールビーズ、ロイヤルコペンハーゲンをはじめシンプルで感性の高い北欧デザインをご紹介しています。www.mariliadk.com

ページトップへ